『キャッツ』トム・フーパー監督、猫のビジュアルへのこだわりを明かす 映画『キャッツ』ジャパンプレミア|CATS Japan Premiere

シネマトゥデイ 2,080回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『キャッツ』で主人公・ヴィクトリアを演じたフランチェスカ・ヘイワード、トム・フーパー監督、プロデューサーのデブラ・ヘイワードが来日し、ジャパンプレミアに登場。
この日は、日本語吹き替え版キャストの葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、吹き替え版音楽プロデューサーの蔦谷好位置も来場した。

〜見どころ〜
大ヒットミュージカル「キャッツ」を実写映画化。ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』などのトム・フーパーが監督を務め、猫たちの姿を生き生きと描く。『ワン チャンス』などのジェームズ・コーデン、英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルダンサー、フランチェスカ・ヘイワードをはじめ、『ドリームガールズ』などのジェニファー・ハドソン、『007』シリーズなどのジュディ・デンチ、世界的シンガーのテイラー・スウィフトらが出演した。

〜あらすじ〜
空に満月が昇ったある晩、ロンドンの一角にあるゴミ捨て場には個性あふれる“ジェリクルキャッツ”が集う。それは生涯にたった一度、新しい人生を始めることができる一匹の猫が選出される特別な舞踏会が催される夜だった。

劇場公開日:2020年1月24日
映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:cats-movie.jp
(C) 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

#キャッツ #CATS

イベント動画まとめ」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]