吉岡里帆、過激シーンにハラハラ「テレビじゃ放送できない…」映画『見えない目撃者』初日舞台あいさつ

シネマトゥデイ 27,876回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

主演の吉岡里帆をはじめ、高杉真宙、浅香航大、田口トモロヲ、監督の森淳一が、『見えない目撃者』の初日舞台あいさつに登壇。
R15+指定となった本作へ込められた「テレビでは表現できない、映画だからこそできる攻めに攻めたエンタ―テインメントを目指す!」というテーマをもとに「それぞれが思う本作の攻めポイント」などについてトークをした。

〜見どころ〜
韓国映画『ブラインド』を、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』などの吉岡里帆主演でリメイクしたサスペンス。視力を失った主人公が誘拐事件の解決に挑む。メガホンを取るのは『重力ピエロ』や『リトル・フォレスト』シリーズなどの森淳一。脚本を『るろうに剣心』シリーズや『ミュージアム』などの藤井清美が森監督と共同で担当する。

〜あらすじ〜
浜中なつめ(吉岡里帆)は警察学校の卒業式の夜、過失で弟を事故死させ、自分の視力も失う。警察官になることを諦めたなつめはある日、自動車事故の現場で少女が助けを求める声を聞く。誘拐事件を疑ったなつめは警察に訴えるが十分に捜査してもらえず、自ら動き出す。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:mienaimokugekisha.jp
(C) 2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C) MoonWatcher and N.E.W.

#吉岡里帆 #高杉真宙 #見えない目撃者

イベント動画まとめ」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]