杉野遥亮&福原遥、意外な秘密を赤裸々告白!? 映画『羊とオオカミの恋と殺人』初日舞台あいさつ

シネマトゥデイ 3,497回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

杉野遥亮と福原遥が、 映画『羊とオオカミの恋と殺人』初日舞台あいさつに江野沢愛美、朝倉加葉子監督と共に登壇。「信じられないでしょうが、私○○なんです」をテーマにトークを展開。杉野は“がさつ”な一面を告白し、お風呂上がりは素っ裸で部屋をうろついてると話した。福原は意外と足が速いことを話すも、意外すぎてあまり信じてもらえていない様子だった。

〜見どころ〜
漫画アプリ「マンガボックス」で連載された裸村のコミック「穴殺人」を実写映画化。連続殺人鬼の女性と隣に住む青年の恋模様を描く。自殺願望がある青年をドラマ「スカム」などの杉野遥亮、殺人鬼を『4月の君、スピカ。』などの福原遥が演じる。『ドクムシ』などの朝倉加葉子が監督、『凶悪』などの高橋泉が脚本を手掛けた。

〜あらすじ〜
大学受験に失敗し絶望した黒須越郎(杉野遥亮)は、壁につけたフックで首をつって自殺をしようとするが未遂に終わり、その弾みで壁に穴が開いてしまう。穴をのぞくと美しい隣人・宮市莉央(福原遥)の生活が丸見えで、それ以来のぞき見が生きがいになった黒須は彼女のとりこになる。ある日黒須は、宮市が部屋で人を殺しているところを見ていたことを彼女に知られ、とっさに愛を告白する。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:hitsujitookami.com
(C) 2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C) 裸村/講談社

イベント動画まとめ」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]