深川麻衣、幼少期の写真に「恥ずかしくて汗が…」映画『おもいで写眞』完成報告会見

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

元乃木坂46の深川麻衣が主演を務める映画『おもいで写眞』完成報告会見に高良健吾、香里奈、熊澤尚人監督が登場。イベントでは、キャスト・監督が初出しとなる自身の秘蔵写真を披露しあった。

〜見どころ〜
『君に届け』『心が叫びたがってるんだ。』などの熊澤尚人監督が自身の小説を映画化。東京で挫折し祖母の死をきっかけに故郷に戻った女性が、遺影写真を撮る仕事を通じさまざまな境遇の人々と交流していく。ヒロインを『パンとバスと2度目のハツコイ』などの深川麻衣、彼女の幼なじみを『多十郎殉愛記』などの高良健吾が演じ、『深呼吸の必要』などの香里奈のほか、井浦新、古谷一行、吉行和子らが脇を固める。

〜あらすじ〜
仕事をクビになり失意に沈む音更結子(深川麻衣)は、祖母が亡くなったことを受けて帰郷する。母の代わりに自分を育ててくれた祖母を孤独に死なせてしまったと悔やむ中、幼なじみの星野一郎(高良健吾)から老人を相手にした遺影撮影の仕事に誘われる。当初は老人たちに敬遠されるが、一人で暮らす山岸和子(吉行和子)との出会いを機に、結子は単なる遺影ではなくそれぞれの思い出を写し出す写真を撮るようになっていく。

劇場公開:2021年1月29日
映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:omoide-movie.com
(C) 「おもいで写眞」製作委員会

#深川麻衣 #高良健吾 #香里奈

イベント動画まとめ」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]