水樹奈々&竹中直人、マーベル初の単独女性ヒーロー映画を祝福!映画『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミア

シネマトゥデイ 13,903回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミアに、日本語版吹き替え声優の水樹奈々(キャプテン・マーベル役)、竹中直人(ニック・フューリー役)、マーベルファンのミキ(昴生、亜生)が登場。
イベントでは、劇中に登場する個性豊かなキャラクターにまつわるトークや、マーベル初の女性単独ヒーロー映画の誕生を祝したケーキの贈呈などが行われた。

〜見どころ〜
『ルーム』などのブリー・ラーソンをヒロインに迎え、1990年代の地球を舞台に描くアクション。驚異的な力を持つ主人公が、失った記憶をめぐる戦いに挑む。『コールド マウンテン』などのジュード・ロウをはじめ、『アベンジャーズ』シリーズなどのサミュエル・L・ジャクソンらが共演。『なんだかおかしな物語』などで組んできたアンナ・ボーデンとライアン・フレックが監督を務める。

〜あらすじ〜
1995年、ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性(ブリー・ラーソン)が空から降ってくる。彼女には驚くべきパワーが備わっていたが、全く覚えていない“記憶”がフラッシュバックすることが悩みだった。その記憶にはある秘密が隠されており、それを狙う敵がいた。彼女は、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリーと共に戦いに身を投じることになる。

劇場公開日:2019年3月15日
映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:marvel-japan.jp
(C) Marvel Studios 2019

#キャプテン・マーベル #水樹奈々 #竹中直人

イベント動画まとめ」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]