蒼井優&竹内結子、実家のルール明かすも嘆く「こんな空気になるとは」映画『長いお別れ』プレミア試写会

シネマトゥデイ 153,470回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

蒼井優、竹内結子、松原智恵子、北村有起哉、中野量太監督が映画『長いお別れ』プレミア試写会に登壇。蒼井優と竹内結子が実家のルールを明かすも、会場の反応が…。

〜見どころ〜
直木賞作家・中島京子の実体験に基づく小説を、『湯を沸かすほどの熱い愛』などの中野量太監督が映画化。認知症の影響で徐々に記憶を失っていく父と、彼と向き合う家族を描く。認知症の父を『モリのいる場所』などの山崎努、家族を『彼女がその名を知らない鳥たち』などの蒼井優、『春の雪』などの竹内結子、『ゆずの葉ゆれて』などの松原智恵子が演じるほか、北村有起哉、中村倫也らが共演。

〜あらすじ〜
2007年、父・昇平(山崎努)の70歳の誕生日で久々に帰省した長女の麻里(竹内結子)と次女の芙美(蒼井優)は、厳格な父が認知症になったことを知る。2009年、芙美はワゴン車でランチ販売をしていたが、売り上げは伸びなかった。麻里は夏休みを利用し、息子の崇と一緒に実家へ戻ってくる。昇平の認知症は進行していて、「帰る」と言って家を出る頻度が高くなっていた。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:nagaiowakare.asmik-ace.co.jp
(C) 2019『長いお別れ』製作委員会 (C) 中島京子/文藝春秋

#蒼井優 #竹内結子

イベント動画まとめ」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]