バナナマン日村と梶裕貴に同一人物説浮上!? 佐藤栞里は誕生日サプライズに涙… 映画『ペット2』公開記念舞台あいさつ

シネマトゥデイ 48,108回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『ペット2』公開記念舞台あいさつが27日に都内で行われ、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統(マックス役)&日村勇紀(デューク役)をはじめ、佐藤栞里(ケイティ役)、永作博美(クロエ役)、伊藤沙莉(デイジー役)、内藤剛志(ルースター役)、宮野真守(セルゲイ役)、梶裕貴(ノーマン役)、沢城みゆき(ギジェット役)、中尾隆聖(スノーボール役)が出席し、夏の思い出を語り合った。

夏の思い出を聞かれた日村は「僕は軟式庭球部(軟式テニス部)で3年間過ごし、キャプテンにもなったんです」と切り出すと、「思い出と言えば夏合宿。前衛だったんです」と胸を張る。すると梶が「実は僕も軟式庭球部だったんです。しかも前衛」と追随。日村は「俺もユウキだし(※梶の下の名前もユウキ)、同じ前衛。もしかして同一人物?」とうれしそうな顔をすると、設楽や宮野から「何言ってんの!」と鋭く突っ込まれ、苦笑いだった。

〜見どころ〜
飼い主たちの知らないペットの姿を描いたアニメ『ペット』の続編。前作にも登場したくせ者ぞろいのペットたちが、またしても騒動を起こす。監督は『怪盗グルー』シリーズなどのクリス・ルノー、共同監督はジョナサン・デル・ヴァル、脚本は『イースターラビットのキャンディ工場』などのブライアン・リンチ。日本語版ボイスキャストとして、前作と同様にバナナマンの設楽統と日村勇紀をはじめ、佐藤栞里、永作博美らが参加する。

〜あらすじ〜
ニューヨーク、マンハッタン。テリア犬のマックスは、相棒の大型犬デュークと共に飼い主のケイティのもとで暮らしていた。赤ちゃんのリアムが生まれたことでより一層にぎやかな日々を送る中、全員で旅行に行くことになる。そこで出会った真面目で堂々とした農場犬ルースターから大切なものを守ることを学び、リアムとの絆を育んでいくマックス。一方ニューヨークでは、ポメラニアンのギジェットがマックスから預かったおもちゃをなくし、ウサギのスノーボールはシーズー犬のデイジーに頼まれてホワイトタイガーの赤ちゃんを救い出そうとしていた。

劇場公開日:2019年7月26日公開
作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:pet-movie.jp
(C) Universal Studios.

#日村勇紀 #梶裕貴 #佐藤栞里

イベント動画まとめ」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]