山本美月・古田新太、セーラー服姿で二人一役!? “魔性の女”の謎を描く 舞台「獣道一直線!!!」公開ゲネプロ

シネマトゥデイ 7,487回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

舞台「獣道一直線!!!」公開ゲネプロが行われ、生瀬勝久、池田成志、古田新太、山本美月、池谷のぶえ、宮藤官九郎が舞台の第一幕を演じた。

〜見どころ〜
演劇界のチームリーダーである、生瀬勝久、池田成志、古田新太が“今、一番やりたい芝居を、自分たちの企画で上演したい!”思いで結成された“ねずみの三銃士”による企画公演。
2017年にテレビドラマ「ゆとりですがなにか」で第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞や、大河ドラマ「いだてん~オリムピック噺~」の脚本家をはじめ、俳優、演出家、アーティストとマルチに活躍し実力を発揮する宮藤官九郎が脚本を務める。

〜あらすじ〜
一面識もない独身男性3人が殺害された。殺害方法も三者三様。無関係と思われた3つの事件。被害者の共通点は、大金を持っていて、婚活サイトに登録していた。そして同じメーカーのED治療薬を飲んでいた。
事件に関心を持ったドキュメンタリー作家が取材を続ける中で浮かび上がってきた1人の女性の存在。3人の被害者は、苗田松子と名乗る女と関係を持っていた。
なぜこんな女に騙されるのか。男たちは耄碌していたとしか思えない。しかし、苗田松子を取材するうちに自身も事件の闇に取り込まれ...

2020年10月6日〜11月1日まで支部・PARCO劇場などで上演。
公式サイト:stage.parco.jp

#山本美月 #古田新太 #生瀬勝久

イベント動画まとめ」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]