渡辺謙、加瀬亮に“手作りおにぎり”差し入れ!?映画『ベル・カント とらわれのアリア』ジャパンプレミア

シネマトゥデイ 2,206回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

渡辺謙と加瀬亮が、映画『ベル・カント とらわれのアリア』ジャパンプレミアに登壇。渡辺が、多言語を操る役のため、語学を猛特訓していた加瀬を励ますために、“手作りおにぎり”を差し入れしたエピソードを披露した。

〜見どころ〜
1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件に着想を得たアン・パチェットの小説を映画化。南米国家の副大統領邸で、テロリストと人質との間に生まれる交流を描く。人質のオペラ歌手に『アリスのままで』などのジュリアン・ムーア、日本人実業家を渡辺謙が演じるほか、セバスチャン・コッホ、クリストファー・ランバート、加瀬亮らが共演。『アバウト・ア・ボーイ』などのポール・ワイツがメガホンを取った。

〜あらすじ〜
実業家ホソカワ(渡辺謙)の会社の工場誘致のためのパーティーが催されていた南米某国の副大統領邸に、テロリストが乱入し占拠する。人質になった各国の要人ら招待客の中には、世界的オペラ歌手のロクサーヌ・コス(ジュリアン・ムーア)もいた。テロリストと政府の交渉が平行線をたどる中、ロクサーヌの歌をきっかけに人質とテロリストの間に師弟のような関係性が芽生える。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:belcanto-movie.jp
(C) 2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

イベント動画まとめ」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]