横浜流星、吉高由里子に生歌&花束のサプライズ!映画『きみの瞳が問いかけている』大ヒット御礼舞台あいさつ

シネマトゥデイ 21,340回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

横浜流星が5日、都内で行われた映画『きみの瞳が問いかけている』の大ヒット御礼舞台あいさつに登壇、横浜は吉高由里子とファンを喜ばせる粋なサプライズで会場を沸かせた。

以前行われたイベントで、吉高からサプライズで誕生日を祝福してもらった横浜は、花束を贈る逆サプライズを仕掛けるが、吉高から「歌のプレゼントがいいなぁ」とムチャぶりされて焦る場面も。しかし、横浜は塁のように足を引きずり、明香里が口ずさんでいた曲を歌いながら花束を運ぶという、吉高にも観客にもうれしいサプライズを披露。会場が沸く中、花柄ワンピースを身にまとう吉高は、「お花畑だね、今日は」と大喜びしていた。

〜見どころ〜
チャールズ・チャップリンの『街の灯』にインスパイアされた韓国映画『ただ君だけ』を原作にしたラブロマンス。視力を失った女性と夢に破れた青年の恋を描く。メガホンを取るのは『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『フォルトゥナの瞳』などの三木孝浩。『ユリゴコロ』などの吉高由里子、『兄友』シリーズなどの横浜流星が主演を務める。

〜あらすじ〜
29歳の明香里(吉高由里子)は、思いがけない事故で視力と家族を失うが、明るく過ごしていた。ある日彼女が、管理人と間違えて塁(横浜流星)という青年に話し掛けたのをきっかけに、二人は会話を重ねるようになる。キックボクサーだった塁は、ある事件が原因で心を閉ざしており、笑顔を向けてくれる明香里は大事な存在だった。やがて自分の過去が彼女の失明と関係していたことを知った彼は、高額な手術代を稼ごうと賭博試合のリングに立つことを決意する。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:gaga.ne.jp
(C) 2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C) 2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

#横浜流星 #吉高由里子 #きみのめ

イベント動画まとめ」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]