キアヌ・リーヴスが語る『ジョン・ウィック』が愛される理由!映画『ジョン・ウィック:パラベラム』インタビュー

シネマトゥデイ 16,206回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』の主演キアヌ・リーヴスとチャド・スタエルスキ監督にインタビュー。

-作品の見どころ-
キアヌ・リーヴス演じる殺し屋ジョン・ウィックの復讐(ふくしゅう)劇を描くアクションシリーズの第3弾。追われる身となったジョンが、迫りくる暗殺集団との戦いに挑む。前2作のメガホンを取ったチャド・スタエルスキが続投。イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーンらおなじみのキャストに加え、ジョンと因縁がある謎の女役で『チョコレート』などのハル・ベリーが参加している。

-あらすじ-
裏社会の聖域コンチネンタルホテルでの不殺のおきてを破ってしまった殺し屋のジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)は、裏社会を束ねる組織の粛清の対象になる。1,400万ドルの賞金を懸けられ、刺客たちと壮絶な死闘を繰り広げて満身創痍のジョンは、以前“血の誓印”を交わしたソフィア(ハル・ベリー)の協力を得ようとモロッコへ向かう。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:johnwick.jp
(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

シネマトゥデイ 単独インタビュー」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]