『ジョーカー』ホアキン・フェニックス単独インタビュー「演じるのは開放的だった」

シネマトゥデイ 25,914回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス|インタビュー

ー見どころー
『ザ・マスター』『ビューティフル・デイ』などのホアキン・フェニックスが、DCコミックスの悪役ジョーカーを演じたドラマ。大道芸人だった男が、さまざまな要因から巨悪に変貌する。『ハングオーバー』シリーズなどのトッド・フィリップスがメガホンを取り、オスカー俳優ロバート・デ・ニーロらが共演。『ザ・ファイター』などのスコット・シルヴァーがフィリップス監督と共に脚本を担当した。

ーあらすじー
孤独で心の優しいアーサー(ホアキン・フェニックス)は、母の「どんなときも笑顔で人々を楽しませなさい」という言葉を心に刻みコメディアンを目指す。ピエロのメイクをして大道芸を披露しながら母を助ける彼は、同じアパートの住人ソフィーにひそかに思いを寄せていた。そして、笑いのある人生は素晴らしいと信じ、底辺からの脱出を試みる。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:wwws.warnerbros.co.jp
(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
#JOKER #JoaquinPhoenix
編集:若林壮太

シネマトゥデイ 単独インタビュー」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]