本郷奏多、蜷川実花監督の世界観を大事にした 映画『Diner ダイナー』インタビュー

シネマトゥデイ 29,743回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

本作で、見た目は子供の殺し屋・キッドを演じる本郷奏多にインタビュー

ー見どころー
『さくらん』『ヘルタースケルター』などの蜷川実花がメガホンを取り、藤原竜也が元殺し屋の天才シェフを演じるサスペンス。ある女性がウエイトレスとして身売りされた殺し屋専用のダイナーを舞台に、店主と店を訪れる凶悪な殺し屋たちの異様な世界を描き出す。原作は『「超」怖い話』シリーズなどが映画化されたホラー作家で、監督としても活動している平山夢明の第13回大藪春彦賞受賞作。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:wwws.warnerbros.co.jp
(C) 2019「Diner ダイナー」製作委員会

#ダイナー #本郷奏多

シネマトゥデイ 単独インタビュー」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]