安井謙太郎、外出自粛中に感じたこととは?映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』インタビュー

シネマトゥデイ 10,575回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』で十蘭を演じた「7ORDER project」のメンバーである安井謙太郎にインタビュー

ー映画の見どころー
映画と舞台が連動するプロジェクト「東映ムビ×ステ」の第2弾作品。江戸で探偵業を営む男と死神が連続殺人事件に挑む。メガホンを取るのは『仮面ライダー』『スーパー戦隊』シリーズの数々を手掛けてきた柴崎貴行。『劇場特別版 カフカの東京絶望日記』などの鈴木拡樹のほか、『ニート・ニート・ニート』などの安井謙太郎、『クロガラス』シリーズなどの崎山つばさらが出演している。

ーあらすじー
豊臣家に仕えた高名な人形遣いの息子で、死神の十蘭(安井謙太郎)と契約を交わしている死神遣いの久坂幻士郎(鈴木拡樹)。探偵でもある彼は、十蘭と共に吉原の大遊廓で起こった遊女連続殺人事件の解明に乗り出す。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:shinitsuka.com
(C) 2020 toei-movie-st

シネマトゥデイ 単独インタビュー」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]