『1917 命をかけた伝令』サム・メンデス監督単独インタビュー「作品の規模を恐れない」

シネマトゥデイ 1,337回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

『1917 命をかけた伝令』サム・メンデス監督|インタビュー

ー見どころー
第1次世界大戦を舞台にした戦争ドラマ。戦地に赴いたイギリス兵士二人が重要な任務を命じられ、たった二人で最前線に赴く物語を全編を通してワンカットに見える映像で映し出す。メガホンを取るのは『アメリカン・ビューティー』などのサム・メンデス。『マローボーン家の掟』などのジョージ・マッケイ、『リピーテッド』などのディーン=チャールズ・チャップマン、『ドクター・ストレンジ』などのベネディクト・カンバーバッチらが出演する。全編が一人の兵士の1日としてつながって見えることで、臨場感と緊張感が最後まで途切れない。

ーあらすじー
第1次世界大戦が始まってから、およそ3年が経過した1917年4月のフランス。ドイツ軍と連合国軍が西部戦線で対峙(たいじ)する中、イギリス軍兵士のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)に、ドイツ軍を追撃しているマッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)の部隊に作戦の中止を知らせる命令が下される。部隊の行く先には要塞化されたドイツ軍の陣地と大規模な砲兵隊が待ち構えていた。

2020年2月14日より公開
作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:1917-movie.jp
(C) 2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

編集:林子易

シネマトゥデイ 単独インタビュー」の動画一覧

[PR]

関連動画

[PR]