シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

お父さんの気持ちが痛いほどよく分かる

  • 家族を想うとき
    ★★★★★

     一般労働者が過剰労働と低賃金に苦しむのは今や世界共通の光景。本作では子供たちの明るい将来を願う父親が、大手フランチャイズと契約のフリーランス、働き方はあなた次第で自由、事業主だから稼ぎは全て懐に…という甘い文句に惑わされて転職したところ、むしろ死ぬまで働かねばならないブラック労働地獄へ突き落され、やがて家族崩壊の危機に直面する。彼のように平凡な労働者でも真面目に働けば家族を養えるような社会の実現を願い、新自由経済型の働き方改革にノーを突きつける巨匠ケン・ローチの渾身の力作。一家の大黒柱としての責任感から自らを追い込んでいく主人公に、我が身を重ねるお父さんも少なくないはずだ。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク