シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『プロジェクトグーテンベルク 贋札王』『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』『オーバー・エベレスト/陰謀の氷壁』『地獄少女』『アイネクライネナハトムジーク』『見えない目撃者』『プライベート・ウォー』『サマー・オブ・84』 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「Movie Walker」にてポン・ジュノ監督×細田守監督、「香港ポスト」にて谷垣健治監督、「CREA WEB」にて高杉真宙さん、「TV LIFE」にて田辺誠一さんなど、インタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全1,162件中1~5件を表示しています。 Next »
  • レ・ミゼラブル
    “花の都”とは真逆の現実
    ★★★★★

    先輩警官に試される新入りの日常を描いた導入部こそ、モンフェルメイユ版『カラーズ 天使の消えた街』~『トレーニング・デイ』。しかも、犯罪多発地域を生き抜く少年たちの描写には『憎しみ』~『シティ・オブ・ゴッド』的な展開も期待させる。とはいえ、神の視点のようなドローンを使ったショットを除けば、ラジ・リ監督の演出は、どこか凡庸で、前出の作品のようなエンタメ性にも欠ける。本来、フランスが中央集権の官僚国家で、警察国家であることや、国民が頻繁に“黄色いベスト運動“などの抗議活動を行っていることを知るなら、衝撃度は低め。アクション寄りを求めるなら、ハードルは上げない方がいいだろう。

  • スケアリーストーリーズ 怖い本
    あなたの番です‐ホラー編‐
    ★★★★★

    ギレルモ・デル・トロ製作×子どもホラーということで、『ダーク・フェアリー』のテイストにも近い、「ほん怖」エピソードが連鎖していく。オムニバスではなく、『デスノート』風ギミックで、ホラーマニアのメガネ女子(半魚人フィギュアも収集!)の体験談にした脚色は成功しており、残酷・ゴア描写がない代わりに、「案山子のハロルド」「太った青白い女」など、造形しっかりクリーチャーが続々登場。いかにもデル・トロらしいトラウマ・ホラー愛を感じさせるなか、『ジェーン・ドゥの解剖』で絶妙なセンスを魅せたアンドレ・ウーヴレダル監督の容赦ない演出も見え隠れ。なんだかんだ、『学校の怪談』世代直撃の一本でもある。

  • Red
    原作と異なるラストの“決断”
    ★★★★★

    ひと言でいえば、3人の男性キャラに対し、違った顔を見せるヒロインの不倫話。と同時に、『ジョゼと虎と魚たち』から早17年、今年四十路になる妻夫木聡がガチなオトナの色気を魅せる一作だ。レナード・コーエン(本作ではジェフ・バックリィのカバー)の「ハレルヤ」が流れれば、どんなシーンも劇的に見えてしまうマジックもありつつ、原作とは違う意味で、ヒロインの強さを感じるラストの“決断”は、どこか演劇的で、深い余韻を残す。柄本佑繋がりでいえば、『火口のふたり』にも通じるロマンポルノ的ゆきずり感もあり、奇しくも“赤”繋がりである『赫い髪の女』など、神代辰巳監督作へのリスペクトも強く感じ取れる。

  • スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
    前作以上に、ツッコミどころ満載!
    ★★★★★

    前作から続投となったトラウマ持ちの加賀谷刑事とPCイジれないストレスで白髪になった(!)殺人鬼・浦井との関係性は、『デスノート』<<<『羊たちの沈黙』。前作のポルカに続き、今回はKing Gnuと、主題歌のセンスは相変わらず抜群だが、いろいろと偏見が入り混じっているとしか考えられない大石哲也の脚本は、前作以上にツッコミどころ満載。そのため、白石和彌監督作から乱入したような音尾琢真の暴走や、アキラ100%の横に置かれたお盆など、どこかトチ狂った演出とともに楽しむのがベターだろう。新ヒロインとなった白石麻衣の芝居は許容範囲内だが、“そんな要員”になっていることは想定外!

  • ゴールデン・ジョブ
    香港の白波五人男。そのオヤジはエリック・ツァン
    ★★★★

    『欲望の街/古惑仔』シリーズのキャストが久しぶりに顔を合わせ(半引退状態のジェイソン・チュウは欠場)、“友情と裏切り”というお約束事が展開。前半こそ、中国映画界の近年のトレンド(『M:I』×『ワイスピ』フォロワー)の流れを汲んでいるが、そこは『無問題2』以来、15年ぶりのチン・ガーロウ監督作。内モンゴルロケによる福岡シーン(!)から香港映画らしい暴走が始まり、クライマックスはミリタリー・アクションと化す。倉田保昭VSビリー・チョウ戦アリ、台湾ミュージシャンのフィル・チャンが登場と、盛りだくさんだが、エリカ・リーとヘイワード・マックという女性脚本家が絡みながら、BL色が薄いのはちと惜しい。

全1,162件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク