シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『イップ・マン 完結』『追龍』『WAR!!!』『眉村ちあきのすべて(仮)』『プロジェクトグーテンベルク 贋札王』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、「シネマトゥデイ」にて菅井友香さん、「TV LIFE」にて山田杏奈さん&鈴木仁さん、「CREA WEB」にて杉山真宏さん、「DVD&配信でーた」にて芦田愛菜さんなどのインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全1,405件中1~5件を表示しています。 Next »
  • VIDEOPHOBIA
    クローネンバーグ×『他人の顔』in ディープ大阪
    ★★★★

    予告のように、強烈なカットを畳みかけるのではなく、着地点が見えないながら、淡々と流れていくヒロインの日常。あえてモノクロで捉えた、煌びやかな大阪の街並みと相まった意外性に引きつけられる。タイトルだけでなく、実験的な映像からジワジワ忍び寄る不穏な空気感、社会派やサイコスリラーの枠にとらわれない自由さは、初期クローネンバーグ監督作のよう。さらに、メインヴィジュアルやテーマ的には勅使河原宏監督の『他人の顔』のよう。88分の上映時間にしては、それなりの体感時間があり、観た直後はモノ足りなさもあるが、後々になって、さりげないカットがボディブローのように効いてくるのは宮崎大祐監督の狙いか。

  • とんかつDJアゲ太郎
    グルーヴ感はもちろん、脚色の巧さも光る!
    ★★★★

    “センスの塊”二宮健監督にとって、ワーナー&フジテレビという大舞台にして、まさに適材適所の企画! これまで多くの(遊んでない)監督が失敗してきたクラブシーンも、渋谷WOMBを使ってしっかり魅せてくれる。DJとしてのテクニック云々以前に、まずはYou Tuberとして注目される今っぽさのほか、登場キャラクターを整理し、大失態による挫折から始まるスポ根展開など、脚色の巧さも光る。「とんかつを食べ歩いて愛する会」の登場など、ギャグシーンでは演出的にもっとフッ切ってほしかった感もあるが、原作へのリスペクトを強く感じる映画化。今度は三枚目キャラを演じる北村匠海の芸達者ぷりは、ここでも健在だ。

  • 罪の声
    韓国映画に勝るとも劣らぬ未解決事件の映画化
    ★★★★★

    40代以上ならトラウマな“キツネ目の男”事件が題材のリアルフィクションを、小栗旬と星野源W主演で映画化する意外性。序盤からテンポ良く、2人の抑えた芝居や隅々までこだわりを感じる配役から目が離せなくなる。それぞれ真相を追ってきた2人の対峙シーンは鳥肌モノだが、そこからのバディ展開で面白さが加速。これまで『いま、会いにゆきます』など、泣ける王道ラブストーリーのイメージが強かった土井裕泰監督だが、今回は原作を巧く整理しながら、去りゆく生命と生まれる生命を対比させた人間ドラマにまとめるなど、優しさ感じる野木亜紀子の脚色と相まって、韓国映画に勝るとも劣らぬ社会派エンタメに仕上げている。

  • ザ・ハント
    七十路になった女兵士マッコイも参戦!
    ★★★★★

    TVシリーズなど、調子に乗って広げすぎた感のある『パージ』に代わる、いかにもジェイソン・ブラム印な社会派デスゲーム映画。『バトルロワイアル』感ある武器争奪戦からの、誰が主人公か分からん冒頭のツカミは最高! さらに、あのエイミー・マディガンが登場。70歳になっても、女兵士マッコイ健在をアピールする雄姿には感涙だ。このようなサプライズが黒幕の正体まで仕掛けられているが、獲物となる貧困層側に比べ、セリフの面白さに頼るあまり、狩るリヘ?ラル側の描写が、恐ろしいぐらいユルい。『ハッピー・デス・デイ』的なヒロインは魅力的だが、クライマックスのキャットファイトも派手さに欠けるうえ、やや冗長。

  • 愛しの母国
    新旧7人の監督が得意ジャンルで激突!
    ★★★★

    名もなき小市民を主人公に、70年の中国史における歴史的瞬間を切り取った、怒涛のオムニバス7本立。単なるプロパガンダ映画と侮るなかれ! 豪華キャスト演じる職人や科学者、パイロットらから見た仰天エピソードを独自のタッチで描くのは、巨匠チェン・カイコーから『海洋天堂』のシュエ・シャオルー、『薬の神じゃない!』のウェン・ムーイエといった世代を超えた監督。ジャンル的にも人情コメディからラブストーリー、アクション、ロードムービーなど、七人七色。お気に入りの一本を見つけられると同時に、フェイ・ウォンの主題歌に合わせ、スクリーンを五星紅旗が埋め尽くすエンディングなど、いろんな意味で圧倒されること間違いなし!

全1,405件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク