シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』『藍に響け』『裏アカ』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、「TV LIFE」にて高杉真宙さん、池田エライザさん、水野勝さん、「MOVIE WALKER」にて森川葵さん&秋田汐梨さん&萩原みのりさん、「EVIL A MAG」にてB.O.L.Tさん、「CREA WEB」にて和田琢磨さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全1,581件中1~5件を表示しています。 Next »
  • クワイエット・プレイス 破られた沈黙
    今度は、出し惜しみなんてしません!
    ★★★★

    続編を作る気がなかったジョン・クラシンスキー監督だったが、“何か”を出し惜しみせずに暴れさせる、『宇宙戦争』ばりの“DAY1”から掴んでくるなど、原題を「PART2」にするぐらい、ただならぬ気合を感じさせる。ぶっちゃけ、やや『マーズ・アタック!』入ったストーリーはあまり進まないが、廃工場や孤島などのシチュエーションにおけるサスペンス演出は相変わらず巧く、クライマックスの同時中継は前のめり必至。また、前作ではお荷物キャラにも見えた長女リーガンの成長っぷりは目を見張るものがあり、母親役のエミリー・ブラントをも喰う勢い。監督の「まだまだ撮るぞ!」と言わんばかりのラストも含め、★おまけ。

  • リカ ~自称28歳の純愛モンスター~
    シュールなコントが始まる
    ★★★★★

    「隆雄さんっ!!」のセリフにゾクッとさせられたドラマシリーズ「第2部」から直で繋がる「劇場版」。より不気味な純愛モンスターになったリカのシュールで不器用な“ごっこコント”が展開しつつ、それに真剣に対応する市原隼人演じる刑事との温度差が笑いを誘う。やっぱり刑事に見えない佐々木希の緊張感ない芝居なども楽しめるが、追い詰められたリカが超人、いや鳥人からの『スパイダーマン』と化す異常なまでの身体能力には唖然の一言。高岡早紀の堂々たる主演っぷりに、作り手の肩の力が抜け切った感、さらに“『THE MOVIE』感”という表現も、この作品には誉め言葉といえるかもしれない。

  • ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~
    負け組たちが一丸となる姿をどう観るか?
    ★★★★★

    原田雅彦選手が涙した金メダル獲得の裏にあった、もうひとつのドラマといえる本作。リアルタイムで、長野オリンピックを知らない人が観ても、負け組たちが一丸となって、奮闘する様は感動を呼ぶだろう。高校生ジャンパー役の小坂菜緒はファン以外が観ても合格点が付けられる芝居を披露しつつ、間違っても『哀愁しんでれら』にはならない田中圭と土屋太鳳が演じるおしどり夫婦っぷりにほっこり。そんななか、あまりにも美談としてまとまっていることや、タイトルからもにじみ出ているゴリゴリの精神論など、苦手な人はまるっきりダメな恐れもアリ。また、飯塚健監督らしい“遊び心”が失われたことは悔やまれる。

  • モータルコンバット
    R15+で楽しむ人体崩壊
    ★★★★★

    人体破壊が売りだった格ゲーを、しっかりジェームズ・ワン製作で作るという方向性としては間違いじゃないリメイク。そのため、ポール・W・S・アンダーソン監督版に比べれば、いろいろ破壊されているうえ、例のテーマ曲もしっかり流れる。冒頭から見事な立ち回りを魅せる真田広之やギロチンハットも似合うマックス・ファン(成家班出身!)など、脇には個性的で実力ある面々のアクションが楽しめるが、いかんせん主人公を演じるルイス・タンに華がないうえ、設定自体の魅力もない。そのほか、裏切りキャラのカノウのエピソードを引っ張りまくるなど、世界の命運をかけた話の割には、妙にスケールが小さく見えたりする。

  • 漁港の肉子ちゃん
    “お笑い怪獣”が惚れ込んだヘヴィな原作
    ★★★★★

    劇中にオマージュもある『クレイマー、クレイマー』など、王道な展開で泣かせる家族モノを好む明石家さんまプロデュースだが、一筋縄ではいかないヘヴィな家族モノを得意とする西加奈子とのコラボということで、なかなか興味深い一本。小5の設定の割には、やけに大人びた娘・キクコ役を吹き替えたCocomiの芸達者っぷりに驚かされつつ、物語が進むことで、なぜ、“お笑い怪獣”が原作に惚れこんだのか、が判明していく。『マインド・ゲーム』のSTUDIO4℃らしい狂った描写や、『海獣の子供』の渡辺歩監督らしいダイナミックかつ繊細な自然描写もアリ。お笑いマニアにとっては、随所にさんまにまつわる小ネタも用意されている。

全1,581件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク