シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『イップ・マン 完結』『追龍』『WAR!!!』『眉村ちあきのすべて(仮)』『プロジェクトグーテンベルク 贋札王』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「シネマトゥデイ」にて菅井友香さん、「Movie Walker」にてポン・ジュノ監督×細田守監督、「CREA WEB」にて水野勝さんなど、インタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全1,320件中1~5件を表示しています。 Next »
  • ステップ
    残された者に優しく寄り添う目線
    ★★★★

    『mellow』に続き、おませキャラがハマる白鳥玉季や登場シーンから目が離せない伊藤沙莉という子役出身の2人だけでなく、嫌味なくシングルファーザーを演じている山田孝之を取り巻く女優陣を堪能する一作でもある。ワンオペ育児に頼らざるを得ない日本社会の現状も描きながらも、亡き妻の家族ら、残された者たちに優しく寄り添う目線や説教臭くないメッセージなど、どこかミカエル・アース監督作にも通じるものもある。とはいえ、こちらは予告編ですべてが語れてしまうほどのベタさや分かりやすさ重視。このキャストで、それをサラリとやり遂げた飯塚健監督にとっても、次なるステップ作になったといえるだろう。

  • リトル・ジョー
    世にも奇妙な“植物版『ボディ・スナッチャーズ』”
    ★★★★★

    過去にアシスタントも務めた同郷のハネケ監督の影響も強い、ジェシカ・ハウスナー監督作。『ルルドの泉で』で見られた鋭い人物描写もありつつ、色彩鮮やかなながら、どこか無機質な映像に目を奪われる。さらに、和を基調とした伊藤貞司のサウンドが流れることで「ウルトラQ」感が増し、エンディング曲で連呼される「Happiness Business」に込められたメッセージにニヤリ。世にも奇妙な感染スリラーは、ベン・ウィショーの見せ場もしっかりある“静寂と狂気が同居する『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』”<<<“植物版『ボディ・スナッチャーズ』”。ウィズコロナ時代に観ることで、さらに感慨深い作品となった。

  • 悪人伝
    斬新な設定とマブリーに頼ってみました
    ★★★★★

    ヤクザと刑事が単独でなく、組織としてチームを組む設定の斬新さから、ハリウッド・リメイクも納得といえる本作。もちろん、強面キャラから優しいアジョシまで、さまざまな表情を魅せるマ・ドンソクの存在感も圧倒的で、このラストにファンならずともシビれるだろう。とはいえ、先の設定とマブリーに頼りすぎてる感は強く、原題でもあるタイトルから期待される重厚さに欠ける演出があったかと思えば、肝となるはずの野獣刑事との友情エピソードも弱めと、韓国ノワールとしては、いろいろモノ足りない。結果『守護教師』『無双の鉄拳』と続いた、ガード下の映画館が似合うマブリーアイドル映画枠に留まっている。

  • ライド・ライク・ア・ガール
    クライマックスのレース展開に前のめり!
    ★★★★★

    男社会の競馬界に乗り込んだ女性騎手ミシェル・ペインの実話を描いた、女優レイチェル・グリフィス(修道女役でカメオ出演)の長編デビュー作。男勝りなヒロインを取り巻くサム・ニール率いる競馬一家のドラマを軸に、ダウン症の弟をミシェルの実弟本人が演じていることもあり、『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』同様、ちょっとした魔法がかかっている。過酷な減量や頭蓋骨骨折後のリハビリなどの苦悩も描かれているものの、スポ根モノとしての“溜め”がないこともあり、観やすい一方、カタルシスに欠けるのは惜しまれる。とはいえ、クライマックスのレースシーンは、手に汗握り、前のめりになること必至!

  • パブリック 図書館の奇跡
    職人監督としての小技光る
    ★★★★

    35年前、「自分とは何か?」という課題をさせられた図書館を、今度はホームレスと占拠することになるエミリオ・エステベス。しかも、VS.アレック・ボールドウィン&クリスチャン・スレイターという対立構造に心躍るのは当然だ。貧困・格差問題やフェイクニュースなど、昨今の社会的テーマが渋滞してるだけに、調理次第では収集つかなくなりそうだが、さすがはアメリカン・ニューシネマの申し子。『狼たちの午後』のオマージュといえる展開に、適度なユーモアを加え、なかなかの着地を決める。「怒りの葡萄」からの引用に、ジョニー・ナッシュの「I Can See Clearly Now」の使い方など、職人監督としての小技も光る。

全1,320件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク