シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『アイネクライネナハトムジーク』『見えない目撃者』『プライベート・ウォー』『サマー・オブ・84』 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「CREA WEB」にて萩原利久、「TV LIFE」にて前田敦子、山田孝之&森田望智、「T.」にて吉野北人など、インタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響 さんの映画短評

全1,058件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 真実
    異国でも手堅く作り上げた家族ドラマ
    ★★★★★

    『空気人形』のペ・ドゥナに続く、是枝監督からのカトリーヌ・ドヌーヴへのラブレターといえるだろう。若手新進女優への嫉妬心など、セルフパロディともいえる“大女優あるある”を爆発させながら、『歩いても歩いても』『海よりもまだ深く』での樹木希林を思い起こさせる娘との会話や、やけに豹柄が似合う大阪のおばちゃん的存在感で笑いを誘うドヌーヴ。とはいえ、タイトルでもある“自伝本”の内容が終始、物語を引っ張るわけでも、ハネケの『ハッピーエンド』のようにサスペンス色が強くなるわけでもないため、どこかモノ足りなさを感じるのも事実。子役の使い方も相変わらず巧く、異国でも手堅い家族ドラマを作り上げた感強し。

  • 最高の人生の見つけ方
    いかにも日本的な脚色も悪くないスター映画
    ★★★★★

    いくら疲れた主婦を演じようとも吉永小百合は吉永小百合だし、豪快すぎる女社長は天海祐希まんま。要は“観ていて安心できるスター映画”としては正しい作りであり、秘書役のムロツヨシや意外と出番が長いももクロなど、2人を引き立たせるアクセントもしっかり効いている。オリジナルのエベレスト登頂に代わるラストは、かなりブッ飛んではいるものの、引きこもりなどの家庭の事情や企業の後継者問題といった、いかにも日本的な湿っぽい脚色も悪くなく、総じて「これはこれでアリかも?」と思わせてくれる。そんななか、エンドロールに流れる竹内まりやの主題歌が、妙なスペシャルドラマ感を醸し出すのであった。

  • アップグレード
    懐かしのB級&「ベストアクション・シリーズ」臭
    ★★★★★

    クレジットが出ず、音声のみの斬新なオープニングで幕を開け、イマっぽく言えば、“AI版『寄生獣』×『ヴェノム』”だが、じつは『ターミネーター』×「ナイトライダー」的な近未来SF感。しかも、リー・ワネル監督にとっては脚本を担当した『狼の死刑宣告』に続く、『狼よさらば』リスペクトであり、復讐に燃える主人公は組織の男たちを想像以上に “酷い目”に遭わせる。30年前なら、同級生とマネしたに違いないカクカクした動きに、ムダにカットを割るダサさ、早い段階で読めるオチなど、懐かしのB級&「ベストアクション・シリーズ」臭がツボることもあり、DVDスルーか配信で、しれっと続編が製作される予感も!

  • 空の青さを知る人よ
    吉沢亮の声の使い分けが尋常じゃない!
    ★★★★

    おなじみ秩父を舞台に、本来見えないものが見えてしまう「あの花」感や、大舞台に向けて物語が運んでいく「ここさけ」感など、期待を裏切らない展開であると同時に、“超平和バスターズ版『バック・トゥ・ザ・フューチャー』”なLOVE要素もあったりと、かなり詰め込んでいる。青春モノに見せかけ、じつはアラサー世代の背中を押す人間ドラマだが、声優初挑戦にして18歳と31歳の声を見事に使い分ける吉沢亮が尋常じゃないぐらいスゴい! そんななか、あまりに唐突な新海誠風クライマックスが気になる。実写化不可能なのは分かるが、今度はあいみょんの楽曲を流して、すべてアリにしてしまう、恐るべし川村元気マジックだ。

  • 愛なき森で叫べ
    「全裸監督」に続く、オトナのエンタメ
    ★★★★

    Netflixが「全裸監督」に続いて放つオトナのエンタメだが、こちらはPFF時代の園子温監督を思い起こさせる原点回帰にして、(『自殺サークル』以降の)ベスト盤な151分一本勝負! 百合な雰囲気漂う演劇少女が戸川純の「蛹化の女」を歌い踊る「80年代篇」から一転、椎名桔平演じるサイコパスな詐欺師の笑えるほどの胡散臭さが連合赤軍化していく「90年代篇」へ突入。そんななか、悲劇の引きこもりヒロインを演じる鎌滝えりが、「全裸監督」の森田望智にも近い鳥肌モノの女優魂を魅せる。主人公がコロコロ変わるヤリたい放題な状況に困惑してると、満島真之介演じるボンクラ同様、“監禁状態”になっている恐れもアリ!?

全1,058件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク