シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

相馬 学

相馬 学

略歴: アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況: 『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』他の劇場パンフレットに寄稿。趣味でやっているクラブイベントDJの方も忙しくなってきました。

相馬 学 さんの映画短評

全619件中1~5件を表示しています。 Next »
  • ミッドサマー
    一見さわやか、でも狂気的!? 俊英がまたも放つ衝撃作
    ★★★★★

     『ヘレディタリー/継承』からさらに一歩進み出て、アリ・アスター監督が新たに放つスリラーは、家族の悲劇をベースにしながらオカルトを脱却し、またも衝撃的な展開に突き進む。

     一見さわやかな白夜の村の大祭。そこから少しずつ異様な側面が見えてくるのだが、『ウィッカーマン』を連想させる死とセックスに強烈なインパクトが宿るのはアスター監督の演出力があってこそで、映像の構図や編集、音響設計のち密などに卓越したセンスが宿る。

     ホラーのスタイルを踏襲しつつも、アスター監督は本作をラブストーリーと説明し、なおかつハッピーエンドであると語る。どんな結末かは、とにかくその目で見届けて欲しい。

  • チャーリーズ・エンジェル
    色気控えめ、強さも弱さも見せる現代的ヒロイン活劇へ
    ★★★★★

     オリジナルのTVシリーズからD・バリモア版のリメイク、そして本作へ。これはリメイクではなく、それらを踏襲し、なおかつ♯Metoo時代を見据えた正統派の続編だ。

     ヒロインたちの個性が重視され、それぞれ弱みと強みを持っているキャラクターは、ヒロイン・アクションを当事者=女性の手に引き戻そうとする試み。以前のお色気感は抑えられ、あくまで戦う女性ありきで物語が進行する。

     能天気な味があった前作までのファンには不満もあろうが、大企業時代を生きる今のヒロイン・アクションと割り切れば、かなり楽しめる。個人的推しは、強くてタフで、立ち姿も凛々しいエンジェルを演じた新星エラ・バリンスカ!

  • 犬鳴村
    犬鳴”一族”のその後も見たくなる!
    ★★★★

     実在の心霊スポットから発想を広げ、土着的な怨霊を描く。清水崇監督にうってつけの題材で、ホラー好きとしては見ていて嬉しくなってくる。

     地図から消えた村の悲劇に横溝正史モノのような一族の呪われた血のエピソードが絡み、オカルトで煮詰めたストーリーは、ミステリーを帯びて観る者の興味を強く引き寄せる。封鎖されたトンネルや、その先にある廃屋などの舞台装置のビジュアル的な不気味さも活きた。

     恐怖に対峙するヒロイン、三吉彩花の熱演に加え、子役の危うげな存在感を引き出した演出はお見事。ハッピーなのかアンハッピーなのか不明瞭な、恐怖が尾を引く結末も印象的で、続編が見たくなる。

  • 1917 命をかけた伝令
    メンデス印の戦場体感映画
    ★★★★

     ワンカットのサバイバル映像は評判どおりの臨場感。入念なリハーサルが行なわれたとのことだが、それにしても砲火や軍隊の動き、墜落機などなど複雑な動きをコントロールし、主人公たちの背景に、よくぞまとめ上げたものだ。
     
     いかに過酷な戦場であるかを体感させる作品としては申し分なし。若い役者ふたりから漂う、ある種の純粋さも、観客が彼らと一体になることを後押しする。

     先行部隊に所属する兄を助ける……というモチベーションは、家族の絆というメンデス作品らしいテーマ。切ない後味も符号する。とにもかくにも、これは力作。

  • グッドライアー 偽りのゲーム
    爵位持ちの名優たちが織りなす大逆転
    ★★★★★

     このキャスティングだから当然といえば当然だが、英国を代表する名優ふたりの演技合戦を楽しむ映画。

     ドラマのテイストもそれに寄せたのだろう。前半をリードするマッケランが、妥協しない強欲な詐欺師を軽妙に演じており、その軽さは時にユーモラス。しかし、後半にミレンが攻める側になると、テイストは一変し、シリアスの度合いを深める。

     冗談を話していたら相手が全力でマジメに返してきたような、この転換が大胆過ぎて少々面食らったが、このふたりのキャスティングなら、それも腑に落ちる。それほどまでの役者の説得力。さすが、サーとデイム、演技の筆圧が強い。

全619件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク