オリジナルとは別物だけど理屈抜きで楽しい!

2020年12月31日 なかざわひでゆき 燃えよデブゴン/TOKYO MISSION ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
燃えよデブゴン/TOKYO MISSION

 サモ・ハン・キンポー主演作のリメイクだが、キャラ設定もストーリーもオリジナルとはほぼ別物。ドニー・イェン演じるカンフーの達人で正義感の強い香港警察の刑事が、上司の怒りを買って左遷されたうえに婚約者からも振られ、そのストレスから爆食いに走って肥満体型となってしまう。そんな彼が再起を賭けた任務で東京へ赴き、ヤクザを一網打尽にするべく孤軍奮闘するわけだ。日本社会に蔓延する事なかれ主義や腐敗体質などを揶揄する描写は、やっぱり外から見てもそうなのね…と実に耳の痛いところではあるが、コテコテにおバカなギャグを盛り込んだ痛快アクションの畳みかけは、まさしく王道的な香港カンフー・コメディの醍醐味である。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]