息子の生き方に学ぶことで古い呪縛から解放される母親の物語

2021年2月28日 なかざわひでゆき ステージ・マザー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ステージ・マザー

 カミングアウトが原因で絶縁していた一人息子が急死し、葬儀のためサンフランシスコを訪れた母親が、息子の経営していたゲイ・バーの立て直しに乗り出す。LGBTQをテーマにした作品ではあるものの、しかしそれ以上に女性映画として秀逸。保守的なテキサスの田舎町で教会と夫の言うことに従ってきた初老の女性が、自分らしく誇り高く生きることを選んだ息子の足跡を辿って理解することで、長年自らを縛ってきた良妻賢母の呪いからようやく解放される。と同時に、マイノリティゆえに様々な問題を抱えた息子の友人たちを、人生の先輩として優しく教え導きながら、彼女自身もまた視野を広げて成長していく。とても素敵な映画だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]