モラルの矛盾を問うパワフルなストーリー

2021年1月17日 猿渡 由紀 聖なる犯罪者 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
聖なる犯罪者

いつかは絶対バレるに違いない嘘をついている主人公ダニエル。そんな彼の行動に、終始、ハラハラさせられ、また、笑わされる。しかし、そんな中で、映画は、この小さな街に潜む嘘と偽善を明かしていき、神と語ることができる権利を持つのは誰なのかという大きなテーマを問いかけていくのだ。自分の中に隠れていた才能に目覚め、それを謳歌しつつも、ダニエルが完全に成長して違う人になったりしないところもリアルで共感できる。ダニエルを演じるバルトシュ・ビィエレニアの、個性的でどこか強烈な表情も目を惹きつけるし、シネマトグラフィーも美しい。ラストシーンは、ビジュアル的にも、ストーリー的にも、心に残る。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]