夢に破れてもそこで人生が終わるわけじゃない

2020年12月25日 なかざわひでゆき AWAKE ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
AWAKE

 少年時代より将棋のプロを目指しながらも挫折した若者が、自らプログラム開発した将棋AI「AWAKE」をひっ下げ、かつてライバルだった若手天才棋士に挑む。2015年の将棋電王戦FINAL第5局の実話からインスパイアされた物語。良くも悪くも奇をてらわぬ折り目正しい語り口で、同じく将棋を題材にした『3月のライオン』や囲碁×アクションのハイブリッド『神の一手』などと比べると地味な作品だが、しかし人生のセカンド・チャンスに賭ける主人公の執念と情熱には共感するものがある。夢を叶えることが出来る人などほんの一握り。だが、たとえ夢に破れてもそこで人生が終わるわけじゃない。若者にはいくらでも可能性があるのだ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]