シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴: 脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況: お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎 さんの映画短評

全193件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 奥様は、取り扱い注意
    アクションと夫婦愛
    ★★★★

    ドラマから多くの人間関係や舞台をリセットされた映画版。なので、基本設定だけ頭に入れておけば大丈夫です。とは言え衝撃的なドラマのラストが改めて描かれたりもしますが…。
    映画はとにかく綾瀬はるかと西島秀俊のアクションとコメディ演技をたっぷり堪能できる、娯楽大作として素直に楽しめます。二人ともバリバリに身体が動くので、アクションシーンは見応えたっぷりです。一方で、映画という時間の枠を得たことで夫婦の物語としても深堀りがされています。“奥様”はという言葉がタイトルに入っている意味がより強くなりました。

  • まともじゃないのは君も一緒
    普通じゃない清原果耶が魅力全開
    ★★★★★

    とにかく主演の二人の全くかみ合ってない小気味よいセリフの応酬に魅了されます。
    清原果耶は春からの朝ドラが控えているのでいますが、映画もラッシュですね。
    相手役の成田凌とのやり取りもとても瑞々しく、心躍るものがあります。
    成田凌はやはりこういうずれたキャラクターがはまりますね。
    過去にも複数の作品で組んできた前田弘二監督&高田亮脚本ですが、今作がベストパフォーマンスかなと思います。54回“普通”という言葉出てくるとのことですが、一度として同じ意味で登場することはありません。普通って何?って思いながら楽しみましょう。

  • すくってごらん
    不思議な魅力
    ★★★★★

    原作とはテイストが違うという話も聞きますが、映画は映画でなかなか魅惑的な感触を与えてくれます。
    歌舞伎役者の映画の使い方、特に現代劇での使い方はなかなか難しいところもあるのですが、今回は地方都市をある種の箱庭的な世界にしたこともあって、尾上松也がしっかりと生きています。
    Wヒロインといっていいのでしょう、百田夏菜子と石田ニコルも実に魅力的です。
    唄って、踊って、笑って、泣いて、すくって、恋する実に不思議な魅力を盛った映画になっています。

  • ブレイブ −群青戦記−
    一発逆転を信じて
    ★★★★

    以外にも単独主演としてはこれが初めてとなる新田真剣佑のポテンシャルをしっかりと確信できる娯楽作品。演技、アクション共に高いレベルのものを維持し続け、作品を牽引しています。
    共演の山崎紘菜、渡邊圭裕、鈴木伸之も伸び伸びと活躍しています。
    織田信長の松山ケンイチもいいですが、三浦春馬の松平元康がまたよい。いまさらながらにその喪失が惜しまれます。本広克行監督は今までにない残酷さで唐突な死を描写。おお!ここまでやるかと唸りました。戦国自衛隊を思わせる奇抜な設定に惑わされず是非見ていただきたい力作。タイトルにブレイブという言葉が入ったのも効いています。

  • 野球少女
    ガラスの天井をぶち破れ!
    ★★★★

    韓国のスポーツものと言うことで、もっと熱血的なスポ根ドラマかと思いましたが、思いのほかガラスの天井を扱った社会派ドラマでした。
    『はちどり』『82年生まれ、キム・ジヨン』と同じタイミングでこの作品が現れたのもの必然的な流れなのでしょう。
    肝である野球のシーンを思いのほか軽めに描いているのも野心的な描き方と言えるでしょう。
    このタイトルですから、もっとエンタメ的な描き方もできたのでしょうが、敢えてそれをしていません。
    奇しくもスポーツとジェンダーの話題がクローズアップされたこのタイミングに絶好の映画が登場しました。

全193件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク