シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴: 脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況: お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎 さんの映画短評

全119件中1~5件を表示しています。 Next »
  • ステップ
    普通の山田孝之を
    ★★★★★

    とにかく普通な山田孝之を堪能する映画です。
    灰汁の強いキャラが多い山田孝之ですが、実際にはそこまで突飛な人ではないのかなともと思わせます。
    一方で、突飛なキャラクターではない山田孝之を見る居心地の悪さのようなものもまた作品の味になっています。
    その時々を彩る女優陣、そして娘を演じる子役たちのナチュラルさもとても光ります。
    久しぶりに受けに回った感じの山田孝之。懐の広さを再確認しました。

  • 今日から俺は!!劇場版
    祭りだ!!!
    ★★★★★

    まさに夏祭り!今日俺祭り!!と言った一本。
    ドラマシリーズの魅力がギュッと詰まっていて期待を裏切りません。
    映画最大の魅力は何と言っても悪役を一手に引き受けた柳楽優弥の怪演でしょう。
    彼が、とにかく卑怯この上のない最悪最凶なキャラクターなので、その後の気持ちを溜めに溜めた後に爆発させるクライマックスの対決シーンが異常に盛り上がります。
    智司と相良の開久への帰還からの三橋・伊藤との共闘も熱いものがあります。
    『銀魂』シリーズの経験やアクションができるキャストの並びももあるのでしょうが、福田監督は大掛かりなアクションシーンの見せ方がどんどん上手くなりますね。

  • 悪人伝
    豪腕炸裂!!!
    ★★★★★

    なんといっても韓国の豪腕オヤジことマ・ドンソクの魅力が炸裂した作品です。
    毒を持って毒を征するとはよく言ったもので、凶悪シリアルキラーを逮捕するために暴力刑事と極道が手を組むという呉越同舟の展開から、生まれる思わぬ連帯。
    そこかラストの法廷シーンでの決着までとにかく強烈な熱量に溢れている作品です。
    そのど真ん中にいるのがマ・ドンソク。
    本作はハリウッドリメイクが決まっているとのことですが、マ・ドンソク抜きで成り立つ映画なのかなと?そのくらい彼の存在が際立った映画です。

  • 透明人間
    棚ぼた、大発見!!
    ★★★★★

    ダークユニバースがとん挫して、はてさてどうなるかと思ったユニバーサルモンスターリブート計画。
    しかし、そこは流石のブラムハウス。
    透明人間という古色蒼然としたネタをこんなにも新鮮な映画にしてくるとは!?
    何より、透明人間というテーマでありながら、襲われる側の不安をメインに描くというコロンブスの卵的な発想。お見事一本です。
    エリザベス・モスの明らかに精神的にやられていく演技も相まって、透明人間がモンスター映画からサイコサスペンスに見事に生まれ変わりました。

  • 私がモテてどうすんだ
    変身して分かったこと
    ★★★★

    ぽっちゃりの子が激やせしたとたんにモテ始め・・・と。
    今ご時世、どうなんだろうという設定でしたが、見てみると意外や意外、ヒロインの内側の変身と、それで見えてきたことを描く作品でした。
    それはもちろん、周りの人間に波及していて見た目どうこうではなくて中身を見るべきだと知っていくわけです。
    ちょっとした荒療治ですが、人間の中にあるつまらない価値観を大きく揺さぶって、正していくそんな映画に仕上がっています。何よりこの役を引き受けた富田望生に拍手です。

全119件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク