シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴: 脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況: 新たに短評を担当させていただきますお一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎 さんの映画短評

全28件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 愛なき森で叫べ
    究極なまでに振り切れた、振り子
    ★★★★★

    園子温監督による園子温監督的エッセンスが徹底的に濃縮された作品。実際い起きた事件を触媒にしていますが、園子温監督の映画としか言いようがない作品でしかありません。
    海外の映画祭で常連になっているような日本人監督がこういう形で新作を発表するのが一つの定番になっていくのかもしれませんね。
    『ジョーカー』『悪の華』と同じ時期に徹底した暗黒譚が揃ったのも偶然ではないでしょう。

  • 駅までの道をおしえて
    リアルとファンタジー
    ★★★★★

    まず、主演の新津ちせのキャラクターが抜群です。こういう女の子、知り合いや親せきにいますね。子供ではあるんだけど、びっくりするような大人の部分を見せてくれます。どこでそんな言葉覚えてきた!?というセリフも程よいリアルがあります。
    一方で、お話自体はファンタジー。周辺の大人たちが理解があり過ぎます(笑)。ただ、その大人を演じる役者たちが絶妙なさじ加減で物語に違和感を感じさせません。
    実はすごいバックボーンを持つ新進子役スター候補の新津ちせの今しかない主演映画です。

  • 楽園
    焼き付けられた“不穏”
    ★★★★

    僅かに掛け違われてた感情のボタンが生み出す“不穏”な空気の映画。
    吉田修一作品に共通する空気感を瀬々敬久監督と言う最適な表現者を得たことで、目の前で破裂寸前の風船を見ているような、どうしようもない緊張感がピリピリと張りつめます。
    終盤に立て続けに描かれる破滅と真相がもたらす悲しさが後を引きます。
    新作が続く綾野剛、佐藤浩市の二人の見せる“揺らぎ”と”脆さ”に気が付けば、見る側にも得体の知れない不安を抱かせます。

  • ジェミニマン
    スター映画のお手本
    ★★★★

    実は主演作品の公開は久しぶりのウィル・スミス最新作。大スター俳優の一人二役映画は時として、そのことだけに注力するばかりに、作品が微妙なこともあるのですが、これはちゃんと面白いスター主演娯楽アクションでした。基本的にウィル・スミスという人は現在のドル箱スターとしての立ち位置も含めて、等身大の物語よりSF的な企画が合う人だと思います。
    新規格の3Dプラス イン ハイ・フレーム・レートは明るい3Dと言うべきガラッと変わる映像環境を与えてくれます。できればこの条件に見合った劇場で見ていただきたいところです。ウィル・スミスの若返り方も不自然さはなくて楽しめます。

  • マチネの終わりに
    恋に落ちて
    ★★★★

    大人のプラトニックなラブストーリー、しかも海外ロケをたっぷり取り込んで。と言う実は日本映画がとてもに苦手にするエッセンス、条件に挑んだ作品。結果としての大健闘と言っていいでしょう。原作からすると少し上の年齢のキャスティングですが、許容範囲で、いくつかの改編も映画化に際しての脚色も違和感ないです。
    桜井ユキの好演も目を引きまが、福山雅治と石田ゆり子という組み合わせだからこそ成立した、この世代の“ピュア”なラブストーリーを創り上げられたことは評価されていいと思います。
    ラスト、もっと語らなくてもよかったかも。

全28件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク