ブロードウェイが閉まっている今、擬似体験ができる

2020年12月14日 猿渡 由紀 ザ・プロム ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ザ・プロム

コロナでブロードウェイがずっと閉鎖している今届けられる、素敵なプレゼント。ブロードウェイスターたちの自虐ギャグでもあり、自分と違う人たちを受け入れようという真面目なメッセージを持つものでもあり。だが、全体を通じてハッピーで楽しいのだ。今作でのメリル・ストリープの歌唱力は過去作品より優れているし、「イントゥ・ザ・ウッズ」でも組んだジェームズ・コーデンとの相性の良さはばっちり。ニコール・キッドマンの見せ場が少ないのがやや残念ながら、それもこれだけの豪華キャストが揃ってしまったからこそだろう。女子高生を演じるジョー・エレン・ペルマンの今後のキャリアにも期待が高まる。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]