シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

弱者がさらなる弱者を虐げる地獄絵図

  •  シリアル・キラーを題材にした映画は数あれども、これほど惨めで無残で絶望的な気分になる作品はなかなかないだろう。’70年代の西ドイツを震撼させた連続殺人鬼は、孤独で臆病で卑屈な小心者の非モテ男。夢も希望も金もなく性欲だけを持て余した彼は、若い女性にアプローチするだけの勇気も甲斐性もないため、自分よりも弱くて貧しくて行き場のない中高年の売春婦ばかりをゴミ溜めのような自宅へ連れ込み、まるで日頃の鬱憤を晴らすかのように凌辱し嬲り殺す。彼女たちにも若い青春時代があったこと、苦労を重ねた人生があったことにも想像が及ばないまま。弱者がさらなる弱者を虐げる地獄絵図。その風景は今もそこかしこに存在する。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク