いろんな「あまちゃん」繋がりを楽しむ

2020年12月14日 くれい響 私をくいとめて ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
私をくいとめて

原作・監督のほか、自分だけの世界を持つヒロインの設定だけに“『勝手にふるえてろ』第2章”といった印象が強いが、映画女優としてスクリーン映えする、のんのこじらせ芝居は、松岡茉優に負けず劣らず凄まじい。奥手キャラがまだまだハマる林遣都や片桐はいりのほか、コロッケ屋の岡野陽一らの芸人、“ともや繋がり”といったキャスティングも面白いが、音響効果など、どこか狙いすぎた演出が空回りしているのは事実。また、橋本愛と再共演を果たしたイタリア・パートにたっぷり時間を割いており、ラブコメながら133分という長尺に。こればかりは「あまちゃん」ファン向けのサービスとして捉えた方がいいかもしれない。

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『イップ・マン 完結』『追龍』『WAR!!!』『眉村ちあきのすべて(仮)』『プロジェクトグーテンベルク 贋札王』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、「TV LIFE」にて北川景子さん×芳根京子さん、山﨑夢羽さん、安倍乙さん、「CREA WEB」にて渡部亮平監督などのインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]