シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

日本のミュージカル映画も、このノリならOKでは?

  • 劇場版パタリロ!
    ★★★★

    魔夜峰央の原作から2.5次元ミュージカルを経て、今回の映画版という流れを考えると、じつに真っ当な作り。日本映画で歌って踊るミュージカルは、観ていて照れ臭さも伴いがちだが、今作の場合、キャラも演技も徹底して過剰にケレン味満点なので、宝塚の世界かと錯覚するほどの「自然さ」で迫ってくる。セットのチープ感も逆に作り物らしさを象徴し、現実逃避させてくれるのだ。まぁ舞台作品を観ている感じだが、映画としてアングルや編集も的確……と、マジメに解説するのが野暮なほど、いい意味でのアホらしさを、全キャストが全身全霊、異様な役になりきって楽しそうに体現しているので、観ているこちらも、つい前のめりになるのであった。

⇒映画短評の見方

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 母校の神奈川県立湘南高校で映画の仕事の話をする機会をもらい、在校生から「将来、映画の仕事をしたいのですが、どうすればいいか」と相談を受けました。次世代に何かを伝える機会を得られて有意義な時間に。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

» 斉藤 博昭 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク