ありきたりな美談でないところがいい

2018年5月11日 なかざわひでゆき ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~

 ‘13年のボストン・マラソンで起きた爆弾テロで、巻き添えになって両足を失いながらも犯人逮捕に貢献し、一躍国民的な英雄となった青年ジェフ・ボーマンの手記を基にした作品だ。
 といっても、よくあるお涙頂戴の感動的な美談に終始しないところがいい。出てくるのは善良だけど欠点も多い平凡な人々ばかり。主人公ジェフだって、己の不運に折れるし凹むし負けちゃうし、へそを曲げて周囲を困らせることもあるけど、それでもギリギリで踏ん張って人生を取り戻そうとする。それこそが真の勇気だ。
 ジェイク・ギレンホールは相変わらずの大熱演。息子可愛さのあまり余計な事ばかりする困った母親ミランダ・リチャードソンも微笑ましい。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]