シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

どこまでも人間的なスキャンダルの裏側

  •  彗星のごとく現れた天才美少年作家J・T・リロイが、実は無名の女流作家が作り上げた架空の人物で、人前へ出るときは彼氏の妹に代役を務めさせていた。今から15年ほど前に全米を騒がせた事件の映画化である。精神的なトラウマに起因する自己評価の低さから匿名を選んだ大人の女性と、まだ自己を確立できず人生の道に迷う若い女の子が、J・T・リロイという虚像を共に作り上げ、やがて世間だけでなく自分たちもまた翻弄されていく。当事者の手記を基にした本作は、単なる売名行為と取られがちなスキャンダルを、自らのアイデンティティを模索する女性たちの物語として描いている点が面白い。クリステン・スチュワートの美少年ぶりも必見!

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク