シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

軽妙洒脱でクラシカルなフレンチ・コメディ

  • 英雄は嘘がお好き
    ★★★★

     19世紀のフランスを舞台に、戦場へ出征したまま消息のない婚約者の身を案じる妹を心配した姉が、彼からの手紙を捏造して書き続けたところ、ついつい調子に乗って冒険活劇のような英雄像を作り上げてしまう。それから数年後、死んだはずの婚約者が舞い戻ったから大変!捏造された英雄伝説を金稼ぎに悪用する婚約者と、それを止めようにも今さら私がウソをつきましたと言えない姉による珍騒動が巻き起こる。見栄を張ったり欲をかいたりすると罰が当たりますよ!という教訓。スラップスティックなギャグを散りばめつつ、『おとなの恋の測り方』のローラン・ティラール監督らしい、軽妙洒脱でクラシカルなフレンチ・コメディに仕上がっている。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク