シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

こんな世界からも“神話”は立ち上がる

  • タロウのバカ
    ★★★★★

    リミッターを外す、どころかフルパワーでぶち壊した大森立嗣の渾身作。デビュー前の脚本が基ながら「いま撮る必然」に満ちた点では大林宣彦『花筐』と並び、当代きっての人気者達が参戦した意義では『ディストラクション・ベイビーズ』等を引き継ぐ闘争となる。

    現在日本社会の腐敗に敏感な作家は「バカ」という主題を同時浮上させている。『イワンのバカ』的聖性を纏わせつつ、インサイドでの改革の試みが石井裕也『町田くんの世界』で、アウトサイドからの一揆が片山慎三『岬の兄妹』なら、ワイルドサイドへ飛び出せと促すのが『タロウのバカ』だ。そこには棄てられた子供達が聖域を作り、野生美を湛えたタロウ=YOSHIが待っている。

⇒映画短評の見方

森 直人

森 直人

略歴: 映画評論家、ライター。1971年和歌山生まれ。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『シネ・アーティスト伝説』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。「週刊文春」「朝日新聞」「キネマ旬報」「TV Bros.」「メンズノンノ」「Numero TOKYO (Web)」「映画秘宝」などでも定期的に執筆中。※illustrated by トチハラユミ画伯。

近況: YouTube配信番組『活弁シネマ倶楽部』でMC担当中。8月16日より、安里麻里監督(『アンダー・ユア・ベッド』)の回を配信中。ほか、深田晃司監督(『よこがお』)、映画ジャーナリストの徐昊辰さん(2019年上半期映画興行について)、江口カン監督(『ザ・ファブル』)、長久允監督(『ウィーアーリトルゾンビーズ』)、工藤梨穂監督(『オーファンズ・ブルース』)、三宅唱監督(『ワイルドツアー』)、佐向大監督(『教誨師』)、片山慎三監督×松浦祐也さん×和田光沙さん(『岬の兄妹』チーム)、二宮健監督(『チワワちゃん』『疑惑とダンス』)、広瀬奈々子監督(『夜明け』)、緒方貴臣監督(『飢えたライオン』)、関根光才監督(『太陽の塔』『生きてるだけで、愛。』)等々を配信中。アーカイブ動画は全ていつでも観れます。

サイト: https://morinao.blog.so-net.ne.jp/

» 森 直人 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク