死刑囚の行方不明騒動が炙り出すイラン社会の不寛容と不公平

2021年1月16日 なかざわひでゆき ウォーデン 消えた死刑囚 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ウォーデン 消えた死刑囚

 1966年のイラン。閉鎖の決まった古い刑務所で引っ越しの最中に1人の死刑囚が行方不明となり、昇進が約束されている所長は大慌てで捜索隊の陣頭指揮を執るものの、やがて問題の死刑囚が冤罪である可能性が浮上する。サスペンスとユーモアを織り交ぜた独特の語り口が、ある種の寓話的なムードを醸し出す作品。自分の出世のことしか頭にない刑務所長と対立し、死刑囚の人権を訴える社会福祉士が女性なのは、なにもイラン革命以前という時代設定だけが理由ではないだろう。そこには、現代のイラン社会にも脈々と受け継がれる不寛容で不公平な社会システムの問題を、弱者の視点から描くという意図があることは間違いない。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]