岩田剛典&新田真剣佑の制服姿!『名も無き世界のエンドロール』新カット

制服姿の岩田剛典&新田真剣佑
制服姿の岩田剛典&新田真剣佑 - (C) 行成薫/集英社 (C) 映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会 - 配給:エイベックス・ピクチャーズ

 岩田剛典新田真剣佑が共演を果たした映画『名も無き世界のエンドロール』(1月29日公開)から、二人の制服姿などを収めたメイキングカットが公開された。

『名も無き世界のエンドロール』メイキングカット集

 行成薫の同名小説を基にした本作は、10年もの歳月をかけて表社会と裏社会でそれぞれのしあがり、強い絆で結ばれた幼なじみのキダ(岩田)とマコト(新田)が、日本中を巻き込む壮大な計画に挑むサスペンス・エンターテインメント。『ストロベリーナイト』『累 -かさね-』などの佐藤祐市監督がメガホンを取った。

[PR]

 過去と現在が激しく交差しながら、ラストの20分で真実がつながっていくという物語の仕掛けが見どころとなっているが、その過去パートと現在パートの撮影現場を収めたメイキングカットがこのたび公開に。過去パートからは、キダとマコトの学生時代の一幕が披露されており、制服に身を包んだ岩田と新田の姿が確認できる。

 そんな楽し気なムードの過去パートに対し、現在パートでは裏社会で“闇の交渉屋”となったキダと、実業家に変貌を遂げたマコトの姿が写し出されている。佐藤監督は「過去と現在の違いを表現するために、大切な思い出が詰まった過去のシーンは“暖色のアンバー系”に、ある壮大な計画に向かって邁進する現在を“寒色のブルー系”のトーンで撮影しました」と語っており、カラーの変化に注目しながら観てみるのも面白いかもしれない。

 なお、映像配信サービスdTVでは、映画のラストから半年後の世界を舞台にしたオリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~」が、映画公開初日の1月29日から全3話で独占配信される。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]