横浜流星&飯豊まりえ、実は幼なじみだった!映画『いなくなれ、群青』インタビュー

シネマトゥデイ 846,673回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

本作で七草を演じる横浜流星と七草の幼なじみの真辺を演じる飯豊まりえにインタビュー。

ー映画の見どころー
河野裕の小説「階段島」シリーズの第1作を、横浜流星、飯豊まりえらの出演で実写映画化した青春ファンタジー。ある島で、主人公たちが幼なじみのヒロインに巻き込まれながら、島の謎を解き明かそうとする。メガホンを取るのは『今日という日が最後なら、』などの柳明菜、共演は矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、黒羽麻璃央ら。主題歌をSalyuが担当し、主題歌プロデューサーとして小林武史が参加する。

ーあらすじー
ある日、捨てられた人たちの島・階段島に、七草(横浜流星)が突然やってくる。島を出るにはなくしたものを見つけなければならなかったが、疑問さえ抱かなければ平穏に暮らすことができる。そんな中七草は、幼なじみの真辺(飯豊まりえ)に出会う。真辺は島から出るため、七草たちを巻き込んで島の謎を解明しようとする。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:inakunare-gunjo.com
(C) 河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

[PR]

関連動画

[PR]