元ナチス兵士の実話に基づく感動作『キーパー ある兵士の奇跡』特報

シネマトゥデイ 2,772回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

第二次世界大戦で捕虜としてイギリスの収容所に送り込まれたナチス兵士バート・トラウトマンが、終戦後にイギリスとドイツを結ぶ平和の架け橋となり、やがて国民的ヒーローとして敬愛されたという驚くべき実話から生まれた物語。奇跡の人トラウトマンを演じるのは、『愛を読むひと』のデヴィッド・クロス。その妻マーガレット役に『サンシャイン/歌声が響く街』のフレイア・メーバー、マーガレットの父親に『天使の分け前』のジョン・ヘンショウ。収容所時代のトラウトマンにつらく当たるスマイス軍曹に『ハリー・ポッター』シリーズのダドリー・ダーズリーを演じたハリー・メリング、マンチェスター・シティFCの監督に『リトル・ダンサー』のパパ役で知られるゲイリー・ルイスがふんする。監督は、ドイツ国内で数々の賞を受賞してきたマルクス・H・ローゼンミュラー。
(C)2018 Lieblingsfilm& Zephyr Films Trautmann
#THEKEEPER

cinematoday.jp

[PR]

関連動画

[PR]