ホロコーストを生き延びた孤独な16歳の少女...映画『この世界に残されて』予告編

シネマトゥデイ 4,799回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

ナチス・ドイツによって約56万人ものユダヤ人が殺害されたと言われるハンガリー。終戦後の1948年、ホロコーストを生き延びたものの、家族を喪い孤独の身となった 16 歳の少女クララは、ある日寡黙な医師アルドと出会う。言葉をかわすうちに、彼の心に自分と同じ欠落を感じ取ったクララは父を慕うようにアルドになつき、アルドはクララを保護することで人生を再び取り戻そうとする。彼もまた、ホロコーストの犠牲者だったのだ。だが、ソ連がハ ンガリーで権力を掌握すると、世間は彼らに対してスキャンダラスな誤解を抱き、やがて二人の関係も時の流れとともに移り変わってゆく。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:synca.jp
配給:シンカ
(C) Inforg-M&M Film 2019

[PR]

関連動画

[PR]