松本穂香、高校時代に冷凍マグロ役&時止め!? 金子大地、甲斐翔真らと高校時代を明かす 映画『君が世界のはじまり』完成記念トークイベント

シネマトゥデイ 3,743回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

松本穂香が主演を務める映画『君が世界のはじまり』完成記念トークイベントに、中田青渚、片山友希、金子大地、甲斐翔真、小室ぺい、ふくだももこ監督が登場。
イベントでは、作品にちなんで高校時代のエピソードをキャストが明かした。

〜見どころ〜
小説家で映画監督のふくだももこが手掛けた青春ドラマ。監督自身の小説「えん」「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」をベースに、高校生たちの物語が描かれる。主演を務めるのは『わたしは光をにぎっている』『酔うと化け物になる父がつらい』などの松本穂香。脚本を『愚行録』『ハード・コア』などの向井康介が担当した。

〜あらすじ〜
大阪のある町で暮らす高校2年生のえん(松本穂香)は、恋人を次々と変える親友の琴子とつまらない毎日を送っていたが、琴子がサッカー部のナリヒラを好きになったことで距離ができる。同じ高校のジュンは、母が家を出たことに向き合おうとしない父親に何も言えず、学校が終わった後ショッピングモールで過ごしていた。やがて、ナリヒラの秘密を知り彼と急接近するえん、それを見て見ぬ振りする琴子、転校生の伊尾と深い仲になるジュンらの思いが交錯する。

劇場公開:2020年7月31日
映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:kimiseka-movie.jp
(C) 2020『君が世界のはじまり』製作委員会

#松本穂香 #金子大地 #甲斐翔真

[PR]

関連動画

[PR]