ALSを発症したスティーヴ・グリーソンと家族のドキュメンタリー!映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』予告編

シネマトゥデイ 17,680回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症したアメリカンフットボールの元選手スティーヴ・グリーソンのビデオダイアリーを基にしたドキュメンタリー。告知された直後に妻の妊娠を知ったスティーヴが、生まれてくるわが子に贈るため、およそ4年にわたり撮影した約1,500時間に及ぶ映像で構成され、生きたいと願うスティーヴと彼を支える家族の日常が映し出される。彼を支援するパール・ジャムのエディ・ヴェダーが音楽を提供し、出演も果たした。
作品情報:cinematoday.jp
配給: トランスフォーマー
公式サイト:transformer.co.jp
(C) 2016 Dear Rivers, LLC

[PR]

関連動画

[PR]