コロナ禍のブラジルから『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督メッセージ動画

シネマトゥデイ 2,199回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

『ぶあいそうな手紙』
『苺とチョコレート』の原作者セネル・パスが脚本協力として参加し、ブラジル・サンパウロ国際映画祭批評家賞などを受賞したヒューマンドラマ。ブラジル南部の都市ポルトアレグレを舞台に、視力をほとんど失ったウルグアイ出身の老人が、手紙の代読と代筆をする女性との交流を重ねていく。主人公の独居老人を演じるのは、『ウィスキー』などのホルヘ・ボラーニ。挿入曲にブラジルを代表するミュージシャン、カエターノ・ヴェローゾの楽曲「ドレス一枚と愛ひとつ」が使用されている。
2020年7月18日公開

作品情報:cinematoday.jp
配給:ムヴィオラ
公式サイト:moviola.jp
(C) CASA DE CINEMA DE PORTO ALEGRE 2019
#DoNotTweet

[PR]

関連動画

[PR]