上田慎一郎ら『カメ止め』クリエイター再集結!前代未聞 監督3人の現場で“裏の顔”?映画『イソップの思うツボ』初日舞台挨拶

シネマトゥデイ 1,824回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

昨年の大ヒット作『カメラを止めるな!』の監督・上田慎一郎、助監督・中泉裕矢、スチール・浅沼直也が共同で監督した新作『イソップの思うツボ』の初日舞台挨拶が行われ、3人の監督に加え、出演者の石川瑠華、井桁弘恵、紅甘らも登壇した。本作は上田監督をはじめ、3人が共同で監督するという異色の作品となっているが、撮影中の様子について、渡辺真起子が「監督3人の裏の顔だらけ」とコメントし、会場を沸かせた。

〜見どころ〜
異例のヒットを飛ばした『カメラを止めるな!』のスタッフが再び組んだ異色作。3人の少女たちが出会って始まる奇跡を描く。『きらきら眼鏡』などの石川瑠華、『クロノス・ジョウンターの伝説』などの井桁弘恵、『白河夜船』などの紅甘がヒロインを演じる。『カメラを止めるな!』のメガホンを取った上田慎一郎、同作の助監督の中泉裕矢とスチールの浅沼直也が共同で監督を担当した。

〜あらすじ〜
シャイな大学生の亀田美羽(石川瑠華)の友人は、カメだけだった。超売れっ子“タレント家族”の娘で大学生の兎草早織(井桁弘恵)は、いつも恋愛を求めている。戌井小柚(紅甘)は、“復讐代行屋父娘”として行き当りばったりの生活を送っていた。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:aesop-tsubo.asmik-ace.co.jp

(C) 埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ

[PR]

関連動画

[PR]