石田ゆり子、伊勢谷友介も!吉永小百合主演作に豪華キャスト集結

豪華キャストが発表に
豪華キャストが発表に - (C) 2021「いのちの停車場」製作委員会

 吉永小百合主演の映画『いのちの停車場』(2021年公開)の追加キャストが発表され、石田ゆり子伊勢谷友介らの出演が明らかになった。

【写真】吉永小百合、“息子”二宮和也からの手紙に涙ぐむ

 南杏子の同名小説を基にした本作は、救命救急医の咲和子(吉永)が、在宅医療を通して患者と向き合う「まほろば診療所」で勤務することになり、これまで自分が行ってきた医療とは違う形での“いのち”の向き合い方を見つめていくヒューマン医療映画。『八日目の蝉』『ふしぎな岬の物語』の成島出監督がメガホンを取る。

[PR]

 すでに松坂桃李広瀬すず田中泯西田敏行の出演が発表されていたが、このたび追加キャストして石田ゆり子、伊勢谷友介、小池栄子泉谷しげる南野陽子みなみらんぼう柳葉敏郎が参加することが明らかに。

 石田が演じるのは、女流プロ囲碁棋士の中川朋子。癌を患って手術をしたが、転移が見つかり、幼なじみの咲和子を頼って診療所を訪れる役どころだ。さらに、伊勢谷がIT企業の若き社長・江ノ原一誠を演じる。江ノ原は脊髄を損傷した四肢麻痺患者で、社員のために早期回復に執念を燃やし、咲和子に最先端の治療のコーディネート役を依頼する。

 また、ドラマ「美食探偵 明智五郎」で圧倒的な存在感を放って注目を浴びた小池が、咲和子の指導に反発し、最後まで自分らしくあろうとする末期の肺癌患者・寺田智恵子役で参加する。

 泉谷は老老介護に限界を感じ、妻の治療をしようとする咲和子らに非協力的な夫・並木徳三郎役。南野は小児癌患者の幼い娘のために新薬を使った治療を求める母親・若林祐子役。みなみは診療所のスタッフが集う憩いの場「BAR STATION」のマスター・柳瀬尚也役。柳葉は末期の膵臓癌を患っている元厚生労働省の官僚・宮嶋一義役を務める。なお、伊勢谷、泉谷、みなみの三人は吉永と初共演。

 9月4日には、新型コロナウイルス感染症対策を十分に行った上で東映東京撮影所にて撮影が開始となる予定。吉永は「今、素晴らしい仲間たちと手をたずさえて歩き出しました。困難を乗り越えて、皆さまの心を打つ作品を作ります。待っていて下さい、私達の映画を」と呼びかけた。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]