『ベイビー・ドライバー』続編にアンセル・エルゴートが言及

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『ベイビー・ドライバー』より - TriStar Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 エドガー・ライト監督のヒット作『ベイビー・ドライバー』で主演を務めたアンセル・エルゴートが、かねてから報道されている本作の続編の可能性について、MTVとのインタビューで語った。

【動画】映画『ベイビー・ドライバー』特別映像

 2017年に公開された『ベイビー・ドライバー』は、ギャングに雇われ“逃し屋”として働く天才ドライバー、ベイビーの破天荒な活躍を描いたクライム・カーアクション。キャストでは、アンセルのほかケヴィン・スペイシーリリー・ジェームズジェイミー・フォックスジョン・ハムらが出演。予算3,400万ドル(約37億4,000万円)に対して、米国内の興行収入は1億ドル(約110億円)を稼ぎ出し、さらに世界興行収入は2億2,600万ドル(約248億6,000万円)を記録するヒットとなった。(1ドル110円計算)

[PR]

 アンセルはMTVとのインタビューで、ライト監督が続編のタイトルを自身に語り、さらに脚本を見せてくれたことを明かした。続編の制作についても「おそらく、行われるだろう」と答えている。

 現状、ライト監督は新作『ラスト・ナイト・イン・ソーホー(原題)/ Last Night in Soho』でメガホンを取っており、『ベイビー・ドライバー』続編の撮影スケジュールは未定。なおアンセルは、2020年12月全米公開予定のスティーヴン・スピルバーグ監督によるリメイク版『ウエスト・サイド・ストーリー(原題)/ West Side Story』で主演を務める。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]