新田真剣佑&北村匠海が1つの体で入れ替わる!W主演映画が来年公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
新田真剣佑&北村匠海がW主演!『サヨナラまでの30分』キャラクター写真 - (C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

 若手人気俳優の新田真剣佑北村匠海が、2020年正月第2弾公開予定の映画『サヨナラまでの30分』でW主演を務めることが明らかになった。完全オリジナル映画となる本作は、一年前に死んだバンドミュージシャンの宮田アキ(新田)が、30分間だけ大学生の窪田颯太(北村)の体を借りることができるという斬新な設定の物語だ。

仲良し!過去のイベントでの新田真剣佑&北村匠海

 『OVER DRIVE』『十二人の死にたい子どもたち』など4作品で共演し、プライベートでも仲の良い新田と北村が、本作では率先して人を引っ張っていく前向きな性格のアキと、人と関わることが苦手で就職活動の面接も失敗ばかりの颯太という正反対の二人を演じることに。アキが遺したカセットテープを颯太が拾ったことから物語は転がり出し、死んだはずのアキがカセットテープが再生される30分間だけ颯太の体を借りて、恋人やバンド仲間に会いに行く姿が描き出される。

[PR]

 新田いわく、「アキと颯太というキャラクターは僕たちのプライベートの性格とよく似ていて、アキは新田真剣佑、颯太は北村匠海君そのままだと思います」とのこと。北村も「お互いにないものを持っているアキと颯太2人の関係性が、プライベートで新田さんと過ごしている空気感と凄く近いので、本読みの段階でも演技というよりも、ずっと彼と会話しているような気持ちでした」と語っており、普段から仲の良い二人ならではの化学反応に期待できそうだ。

 また、本作は音楽が見どころのひとつとなっており、新田は歌声の披露やバンドシーンでのギター演奏といった新境地に挑戦。ダンスロックバンド・DISH//のギター、ボーカルとして活躍する北村も歌声披露のほか、ピアノ演奏に挑む。

 監督は『東京喰種 トーキョーグール』の萩原健太郎が務め、『君と100回目の恋』の大島里美が脚本を手掛ける。撮影は6月末からオールロケで開始しており、2020年正月第2弾として公開される予定。(編集部・吉田唯)

<コメント全文>

■新田真剣佑(宮田アキ役)
僕が演じるアキは、自分のバンドが大好きでいつまでもみんなと音楽をやっていたかったまっすぐな男の子です。アキは突然いなくなってしまうのですが、そのアキの思いを引き継いでくれるのが、北村匠海君が演じる颯太です。
アキと颯太というキャラクターは僕たちのプライベートの性格とよく似ていて、アキは新田真剣佑、颯太は北村匠海君そのままだと思います。そんな北村君という役者と、また新しく違う役で絡めることが一番嬉しいです。
今回はアキという役を北村君も演じるという不思議な設定なので、彼がどうやってアキを演じるのか今からとても楽しみです。

■北村匠海(窪田颯太役)
『サヨナラまでの30分』は、青春を少し過ぎた20代前半の男女が、あることをきっかけに再び青春を取り戻していくというストーリーです。歌の力にも凄くエネルギーがこもっているので、観ていてパワーをもらえる映画になるのではないかと思います。
僕が演じる颯太はすごく冷めていて、自分に自信のない日々を過ごしている人間ですが、新田さん演じるアキと出会うことによってどんどん変わっていくキャラクターです。
お互いにないものを持っているアキと颯太2人の関係性が、プライベートで新田さんと過ごしている空気感と凄く近いので、本読みの段階でも演技というよりも、ずっと彼と会話しているような気持ちでした。今から撮影が楽しみです。

■萩原健太郎監督
この映画は可笑しくも切ない青春映画であり、“存在”の話でもあります。人はいつしか必ず死を迎えるけれど、過ぎてゆく時間の中でその“存在”はこの世界に残り続けることができるのか?それとも誰かに“上書き”されて消えてしまうのか?死から蘇ったアキと、他者との関わりを絶って生きて来た颯太は、音楽という表現を通して自らの“存在”を人々の心に響かせようとします。才能溢れるアーティストの皆さんが提供してくれたカッコよすぎる楽曲の数々を、新田真剣佑、北村匠海をはじめとする才能溢れる若い俳優たちが全身全霊で奏でる。そんな彼らの姿を通して、この映画が1人でも多くの人と繋がれるよう、スタッフキャスト一丸となって撮影に臨みます。公開を楽しみにしていてください。

[PR]

井手陽子プロデューサー
(主演二人の起用理由)
どんな役柄でも圧倒的な存在感を放ち、目が離せなくなる新田真剣佑さん。役柄に応じた繊細な表情が、いつも観る者の心を掴む北村匠海さん。同世代で活躍する、全く異なる魅力を持つ二人にこそ、対照的なキャラクターであるアキと颯太を演じてもらいたいと思いました。これまでにも共演経験があるからこそ、二人を真正面からぶつけたとき、一体どんな化学反応が生まれるのか?気心の知れた仲にしか作れない空気感をとことん突き詰めたとき、今まで見たことのない共鳴が起きるのでは?と、今からワクワクが止まりません。間違いなく、新しい時代を背負っていく若手俳優二人の、今この瞬間にしか見ることができない輝きが、演技や歌、演奏でも見られることを楽しみにしています。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]