「3年A組」萩原利久が連ドラ初主演!「電影少女」で山下美月と共演

萩原利久
萩原利久 - (C)+act./sai

 ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」で萩原利久が連続ドラマ初主演を果たすことが明らかになった。あわせて放送スタートが4月11日に決定したことも発表された。

萩原利久も出演『十二人の死にたい子どもたち』特別映像

 原作は「週刊少年ジャンプ」で連載された桂正和の代表作「電影少女」。昨年1月期には、乃木坂46のエースだった西野七瀬野村周平を主演に迎えた「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」が放送され、話題となった。新シリーズとなる本作では、悪のビデオガール・神尾マイと、彼女によって道を踏み外していく少年の物語が描かれる。前作の恋愛ストーリーを覆すダークファンタジーのような内容になっている。

[PR]

 先日発表されたビデオガール・マイ役の山下美月(乃木坂46)とともに、もう一人の主人公である叶野健人(かのう・たけと)役で萩原がダブル主演を務めることが発表。萩原は現在、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」に出演中で、映画『十二人の死にたい子どもたち』でも存在感を発揮した。

 連続ドラマ初主演となる萩原は「台本を読ませていただき衝撃を受けました。アイ(西野)と翔(野村)とは全く違う要素が詰まったマイと健人がいました。とてもワクワクしています。前作を観ていた方、原作ファンの方を良い意味で裏切ることができるよう、作品に熱を注いでいきます!」と意気込みを口にしている。

 前作の脚本の喜安浩平、監督の関和亮真壁幸紀といったメインスタッフが続投し、新たに萩原も出演した映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』などの湯浅弘章、ドラマ「忘却のサチコ」などを手掛けた山岸聖太が監督として参加する。(編集部・大内啓輔)

ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」はテレビ東京・木ドラ25にて4月11日スタート 毎週木曜深夜1時~1時30分放送

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]