『ゲット・アウト』監督、ナチスハンターを描くドラマを製作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ナチスハンターを描く - ジョーダン・ピール監督
ナチスハンターを描く - ジョーダン・ピール監督 - Frazer Harrison / Getty Images

 映画『ゲット・アウト』で一躍注目を浴びたジョーダン・ピール監督が、1970年代のニューヨークでナチス高官を追い詰めるナチスハンターを描くテレビドラマシリーズ「ザ・ハント(原題)/ The Hunt」を製作することになった。Deadlineほか複数メディアが報じている。

【写真】アカデミー賞脚本賞受賞!異色スリラー『ゲット・アウト』

 アマゾン・スタジオによる全10話構成予定の同シリーズは、ピール監督の製作会社モンキーパウ・プロダクションズとソナー・エンターテインメントが製作する予定で、俳優としても活躍しているデヴィッド・ウェイルが脚本兼製作総指揮を務めることになっている。ちなみに、NBCエンターテインメントの社長ジェニファー・サルケが、アマゾン・スタジオのトップに就任してから、同シリーズが初めてのスクリプトシリーズ(ドラマ番組)になるようだ。

 ストーリーは、1977年のニューヨークを舞台に、何百人ものナチス高官が、米国でひそかにナチス政権下の第四帝国(ナチスドイツは第三帝国)を作り上げようとしている企みを知り、ナチスハンターたちが追い詰めていくというもの。『ゲット・アウト』で高い評価を受けたピール監督が、同シリーズでどのような手腕を見せるのか楽しみだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]