戦争映画『ワイルド・ギース』リメイクへ

写真は映画『ワイルド・ギース』より
写真は映画『ワイルド・ギース』より - Richmond Film Productions Ltd. / Victory Films / Varius Entertainment Trading AG / Sunset Boulevard / Corbis via Getty Images

 カルト的戦争映画『ワイルド・ギース』(1978)がリメイクされることになったとDeadlineが報じた。

【写真】 リチャード・バートンさん(右)

 ダニエル・カーニーによる原作を基にしたリメイクで、『ディパーテッド』でアカデミー賞脚色賞に輝いたウィリアム・モナハンが脚本を担当予定。現在、監督選びが進行しており、撮影は来年予定。

 『ワイルド・ギース』は、戦争のプロフェッショナルたちで構成される傭兵部隊による、拉致された大統領の救出劇を描いた映画。監督はアンドリュー・V・マクラグレンリチャード・バートンロジャー・ムーアリチャード・ハリスらが出演した。(鯨岡孝子)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]