シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ジョナサン・レヴィン」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全2件)

ウォーム・ボディーズ
アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を実写化した、異色のゾンビ作。ゾンビと人類が対峙(たいじ)する近未来を舞台に、人間の女性に心惹(... フィフティ・フィフティ』で注目を浴びたジョナサン・レヴィン。奇想天外な設定とコミカルな展開もさるこ...
2013年9月21日公開
50/50 フィフティ・フィフティ
ガンで余命わずかと宣告された青年の葛藤(かっとう)と周囲の人々の姿を、笑いと涙を交えてつづるハートフル・ドラマ。コメディー俳優セス・ローゲンの親友で、ガンを克服...を基に、シリアスになりがちな闘病記を新鋭ジョナサン・レヴィン監督がユーモラスに描き出す。迫り来る死を...
2011年12月1日公開

特集・連載記事 (全2件)

【今週のクローズアップ】将来、アカデミー賞を取るのは誰?輝ける7人のアラサー俳優
5月3日公開の『プリズナーズ』でヒュー・ジャックマンをしのぐ熱演を見せたジェイク・ギレンホール、ポール・ダノをはじめ、将来アカデミー賞を取りそうな有望のアラサー俳...s』、『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン監督と再タッグを組む、セス・ローゲンとの...
2014年5月2日掲載
【最新!全米HOTムービー】第2回 『ウォーム・ボディーズ(原題) / Warm Bodies』『セーフ・ヘイブン(原題) / Safe Haven』『サイド・エフェクツ(原題) / Side Effects』
!最新! 全米HOTムービー 第2回 世界の映画産業の中心、アメリカの最新映画情報を現地在住ライターが紹介する「最新! 全米HOTムービー」。今回は、まだ日本では公開されてい.../50 フィフティ・フィフティ』の若手監督ジョナサン・レヴィンが手掛けた本作。 !『ウォーム・ボディーズ...
2013年2月28日掲載

映画ニュース (全11件)

エディ・マーフィ『星の王子ニューヨークへ行く』続編、ついに始動!
1980年代にヒットしたエディ・マーフィ主演のコメディー映画『星の王子ニューヨークへ行く』の続編作品で、ジョナサン・レヴィン監督がメガホンを取り、ケニヤ・バリスが脚...
2017年10月3日掲載
新『スパイダーマン』の監督は?候補が明らかに
米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントとマーベル・スタジオが手掛けるリブート版『スパイダーマン』の監督候補をDeadlineが明らかにした。『死霊のはらわた』のサム...ィ、ゾンビ映画『ウォーム・ボディーズ』のジョナサン・レヴィン、『モンスター上司』の脚本家コンビ、ジョ...
2015年6月3日掲載
マーベルの「ドクター・ストレンジ」映画化、『フッテージ』のスコット・デリクソン監督が新たな候補へ
マーベルが製作準備を進めている「ドクター・ストレンジ」の映画化で、映画『フッテージ』のスコット・デリクソンが監督候補の一人として新たに名前が挙がっていることを、...、映画『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン監督、SFスリラー『ウェルカム・トゥ・イエ...
2014年3月15日掲載
次はドクター・ストレンジ!マーベルが映画化に向けて監督選び
映画『アベンジャーズ』などに代表されるマーベル・スタジオの「アベンジャーズ」プロジェクトで、マーベルは「ドクター・ストレンジ」の映画化に向けて監督選びを行ってい...セル、『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン、SFスリラー『ウェルカム・トゥ・イエスタ...
2014年2月21日掲載
ジョセフ・ゴードン=レヴィット×セス・ローゲン再び!新作コメディーでタッグ!
映画『50/50 フィフティ・フィフティ』(2011年、ジョナサン・レヴィン監督)で共演したジョセフ・ゴードン=レヴィットとセス・ローゲンが、レヴィン監督のクリスマスをテー...
2014年2月13日掲載
チャニング・テイタム、『50/50 フィフティ・フィフティ』監督の新作に主演決定
映画『G.I.ジョー』『マジック・マイク』のチャニング・テイタムが、映画『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン監督の新作で主演を務めることになったと...
2013年11月10日掲載
『ウォーム・ボディーズ』監督初来日をゾンビがお出迎え!撮影秘話から次回作まで大いに語る
映画『ウォーム・ボディーズ』のジョナサン・レヴィン監督が、「第6回したまちコメディ映画祭in台東」(通称:したコメ)に出席するため初来日した。オープニングセレモニー...
2013年9月17日掲載
『50/50 フィフティ・フィフティ』監督のジョナサン・レヴィン、マックG製作のスパイ・スリラー映画の監督に?
映画『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン監督が、マックG製作のスパイ・スリラー作品でワーナー・ブラザーズ映画と監督交渉中とのことだ。 作品は『デ...ルが合わず、監督候補を探していたところにジョナサン・レヴィンが現れたようだ。レヴィンはインディーズ映...
2012年3月18日掲載
母・仁科亜季子の闘病を経験した仁科仁美、余命宣告されてもやりたことはナシ!「毎日反省することはあっても、後悔はしない」
11日、東京港区のアスミック・エース試写室にて、27歳でがんに侵され、生存率「50パーセント」の余命宣告を受けた主人公の姿をユーモラスに描く映画『50/50 フィフティ・フ... 血まみれ金髪女子高生』(日本未公開)のジョナサン・レヴィンが担当している。(取材・文:尾針菜穂子)...
2011年11月11日掲載
【第36回トロント国際映画祭】27歳ガン発症、生存率は50%…ガンをネタに笑いをとるある意味タブーの事実に基づく物語『50/50』に話題集中
実はアメリカでは今「ブレイキング・バッド」という、肺ガンになった学校教師がドラッグを作って元教え子に売り、自分が亡くなる前に、家族に資産を蓄えようとするテレビシ...%、だったことからつけられている。監督のジョナサン・レヴィンは、「タイトルを付けるのが一番難しかった...
2011年9月16日掲載