白濱亜嵐・平祐奈らが登場!『10万分の1』初日舞台あいさつ【トークノーカット】

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『10万分の1』の初日舞台あいさつ行われ、白濱亜嵐、平祐奈、優希美青、白洲迅、奥田瑛二、三木康一郎監督が登壇。初日を迎える喜びや、本作の撮影秘話などについて語ったトークをノーカットでお届け!

〜見どころ〜
「僕達は知ってしまった」などで知られる宮坂香帆のコミックを実写映画化。難病に侵された女子高校生の青春が描かれる。主演は GENERATIONS from EXILE TRIBE の白濱亜嵐と、『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』などの平祐奈。『覆面系ノイズ』『旅猫リポート』などの三木康一郎がメガホンを取り、『きょうのキラ君』などの中川千英子が脚本を手掛ける。

〜あらすじ〜
剣道部に所属する高校生の桐谷蓮(白濱亜嵐)と、マネージャーの桜木莉乃(平祐奈)は、中学時代から仲が良かった。莉乃は蓮のことが好きで自信のなさから気後れしていたが、蓮からの告白をきっかけに二人は付き合い始める。ところが莉乃が、いずれ全身が動かなくなる難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症してしまう。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:100000-1.com
(C) 宮坂香帆・小学館/2020映画「10万分の1」製作委員会

#白濱亜嵐 #平祐奈 #GENERATIONS

[PR]

話題の動画

[PR]