映画『ラヴレース』アマンダ・セイフライドインタビュー

シネマトゥデイ 25,272回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

3月1日(土)全国公開
『赤ずきん』などのアマンダ・セイフライドが、伝説のポルノスター、リンダ・ラヴレースの半生を体当たりで演じた衝撃作。1972年に公開され、アメリカで社会現象となったポルノ作品『ディープ・スロート』誕生の内幕に迫る。次第に正体を現す夫を『ニュースの天才』などのピーター・サースガードが演じ、主人公の母親をシャロン・ストーンが好演。性革命の象徴とたたえられながらも、壮絶な私生活だったヒロインの物語に引き込まれる。
作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:lovelace-movie.net
配給:日活
(C) 2012 LOVELACE PRODUCTIONS, INC.

[PR]

関連動画

[PR]