映画『紙の月』特報

シネマトゥデイ 93,492回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めていく。監督は、『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八。年下の恋人との快楽におぼれ転落していくヒロインの心の闇を、宮沢りえが体現する。
配給:松竹
(C) 「紙の月」製作委員会
オフィシャルサイト:kaminotsuki.jp
作品情報:cinematoday.jp

[PR]

関連動画

[PR]